秀逸な作品揃い!『NHK介護百人一首』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秀逸な作品揃い!『NHK介護百人一首』

 

『サラリーマン川柳』や『OL短歌』など、日々の悲喜こもごもを歌に詠んで、それをみんなで楽しむイベントが、いろいろなところで行われています。気持ちを短い歌に詠み込み、そのときの気持ちを共有することで、つらかったことは半減し、楽しかった思いは共有できます。心がリラックスして、晴れやかになる効果が実感できるので、長年続く、人気イベントになっているのかもしれません。

 

NHKでは、平成16年より、『介護の日々』を詠んだ、『介護短歌』を、『福祉番組』の中で紹介しています。

 

介護をする方、介護される方が、日々の生活の中で感じているつらさ、悲しさ、怒り、笑い、そして優しさを詠んだこの『介護短歌』は、回を重ねるごとに大きな感動を呼び、全国から多くの短歌が番組に寄せられています。

 

Photo by Fæ

Photo by Fæ


こうした全国からの反響をふまえて、平成18年から、介護に関わる方々から広く短歌を募集し、その中から100首を選ぶ、『NHK介護百人一首』が実施されています。

 

選ばれた作品は、Eテレの番組、『ハートネットTV』で、年間を通して紹介されるとともに、100首をパネルにした『NHK介護百人一首』展を、全国各地で開催しています。多くの方々に、『介護短歌』に詠まれた、介護をする方、介護される方、おひとりおひとりの思いを伝えることで、福祉に関する理解と共感を呼ぶ活動として取り組んでいます。

 

また、寄せられた『NHK介護百人一首』はホームページ内でも紹介されていますので、是非、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

●『NHK介護百人一首』
http://www.nhk-sc.or.jp/heart-pj/tanka/

 
寄せられた作品のなかから、ここでも一部ご紹介いたしましょう。
 

・外泊の夫(つま)の介護のなき今宵(こよい)なぜか淋しく孤独の眠り
(赤座 初子さん)
 
夫がケアセンターに外泊した夜、介護のないのが手持無沙汰で、静寂にどうして耐えようかと、心は夫への思いに揺れています。
 
・目を閉じる力のすでに無き父にタオルをかけておやすみを言う
(赤田 文女)
 
眼(まなこ)を開きっぱなしの父が哀れで、ケアマネージャーさんに相談し、タオルをかけた。タオルの下で父はやっと瞳を閉じ、静かな寝息をたててくれました。

 
『NHK介護百人一首』のホームページには、こうした、素晴らしい歌がたくさん紹介されています。歌を詠まれた背景も記載されていて、その文章を読ませていただくと、じんと心に響くものがあります。人の一生は、はかなく、かなしく、やさしく、素晴らしく、つらいものだなあ・・・という、さまざまな想いを感じますね。

 

※参考資料:
『NHK介護百人一首』
http://www.nhk-sc.or.jp/heart-pj/tanka/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする