みんなで!『“みる”コンサート物語』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなで!『“みる”コンサート物語』

 

『“みる”コンサート物語』を、ご存知ですか?

 

『“みる”コンサート物語』は、株式会社アコムが取り組んでいる、小さなお子さまからお年寄りといった世代を超えて、さらに、ハンディキャップのある方にも楽しんでいただけるような配慮をした『バリアフリーコンサート』です。舞台に、『手話通訳』をとり入れたり、『車イス専用席』を充実させるなどさまざまな工夫をしています。

 

  • 『アコム “みる”コンサート物語』

http://www.acom.co.jp/miru/

 

Photo by dydcheung


『“みる”コンサート物語』は、自主運営による手づくりのコンサートです。『株式会社アコム』の社員の方だけではなく、地域の市民ボランティアの方々にも、会場の受付やパンフレットの配付、車イスの誘導などをお手伝いいただきながら運営されています。
ハード面では対応できないことを、「できる人ができることをする」ことでカバーしているのです。
 

このコンサートは全席無料です。また、お客さまがゆっくり楽しめるように、全席指定にし、福祉施設などを利用されている方やそのご家族を優先的にご招待して開催されています。

 

さらに、2010年からは、神奈川県厚木市の福祉施設や医師会、教育団体から構成された『福祉の広場 実行委員会』との共催公演もはじめています。誰もが楽しめる場の提供という共通の思いで開催したこうした公演では、地域社会との深い交流も生まれています。

 

もともと『“みる”コンサート物語』は、『株式会社アコム』の社会貢献活動方針に基づき、下記3つの思いからスタートしました。

・「誰かのために何かをしたい」

・「多くの人の笑顔が見たい」

・「地域社会と良好な関係を築きたい」

 

平成6年(1994)1月、『東京のラフォーレ原宿』で開催された初回公演以来、毎年各地で開催されている『“みる”コンサート物語』では、本当にたくさんの感動が生まれてきました。

 

  • 『“みる”コンサート物語』の軌跡

http://www.acom.co.jp/miru/intro/history/

 

『“みる”コンサート物語』は、生演奏の「音」、光を形にする「影絵」、影絵に生命の息吹を吹き込む「語り」という3つの要素を融合させることで、幻想的な世界を創る独創的な芸術です。手作りの舞台の臨場感を味わうことで、演じる側とお客さまが感動を共有し、心の交流を実感することができます。

 

是非、その感動をコンサートホールで、『“みる”コンサート物語』を、まわりの皆さんと一緒に体験し、多くの方が喜ぶ姿に触れてみてはいかがでしょうか。

 

※参考資料:

『アコム “みる”コンサート物語』

http://www.acom.co.jp/miru/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする