相談しよう!『ひきこもり支援相談士』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相談しよう!『ひきこもり支援相談士』

 

なんとなく外に出ることができなくなり、そんな日が何日か続き、いつの間にか『ひきこもり』の状態になってしまったという方は少なくありません。一度ひきこもってしまうと、外にでて社会とかかわりを持つことが億劫になり、そのままひきこもり続けてしまう方が増えているのが現状です。

 

そうした助けを求めている子どもたちや若者に寄り添い、手を差し伸べる支援をするのが、『ひきこもり支援相談士』です。

 

『ひきこもり支援相談士』や『不登校訪問専門員』の資格を持った方々は、不登校およびひきこもり問題の正しい知識と、高い専門性を持っています。不登校・ひきこもりの若者たちをあたたかく支援し、一人でも多くの若者が私たちの住む社会へ旅立つための活動をサポートしています。

 

また、不登校の子どもたちやひきこもりの若者が健やかに生きて、笑顔で安心して暮らすことが出来る社会作りを理念とし、さまざまな活動に取り組んでいるのが、『一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会』です。

 

  • 『一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会』

http://www.khj-hsc.org

 

平成26年4月1日に施行された『障碍者総合支援法』では、発達障碍を精神障碍に含めています。障碍者の定義でも、身体・知的障碍と同列として、障碍者支援の一つに精神障碍者への支援が取り組まれるようにもなりました。『厚生労働省』や『内閣府』をはじめとする国や自治体においても、ひきこもり状態を「障碍」ととらえてサポートする取り組みが増えてきています。

 

Photo by alamosbasement


SNSサイトでの誹謗中傷などが原因となった『ネットいじめ』、家庭の貧困による影響、原因の見えない不登校、家庭での虐待による不登校など、不登校状態に至る原因はさまざまです。不登校者数は一見、減少しているようにも見えがちですが、生徒数に対する比率は大きく、問題性も複雑化し、改善していくべき社会問題になっています。

 
 
「誰にも相談できない」「相談できる場所がない・相談できる人がいない」等といった状況は、問題により拍車をかけ、深刻化させています。『一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会』が認定する、『ひきこもり支援相談士』や『不登校訪問専門員』といった、支援を必要とする人たちが寄り添い、悩みを一緒に考え、一つひとつ問題を解決に導くことへの需要は、ますます高まっていくでしょう。自分ひとりや、家族だけで抱え込まず、みんなで一緒に、一歩ずつ解決していけるといいですね。

 

※参考資料:

『一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会』

http://www.khj-hsc.org

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする