聞こえるを助ける!『補聴器 助成金』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聞こえるを助ける!『補聴器 助成金』

 

『障害者総合支援法』が、平成25年4月1日から施行されました。

 

『障害者総合支援法』は、従来の『身体障害者福祉法』も包括されたものです。この法律による補装具費(補聴器の購入費用)の支給方法などをご紹介しているのが、補聴器について詳しい情報を紹介している『KIKOERU』のホームページです。

 

  • 『KIKOERU』

https://e-mimi.jp/subsidy/

 

Photo by ikesters


『障害者総合支援法』に変わったことによる申請方法等の変更は基本的にありませんが、今まで所得に応じて違っていた自己負担額が、障害者総合支援法では原則一律1割負担となりました。(所得によっては例外もあるようです)

 

また、各地方自治体(市町村の障害福祉課等)には、申請者の経済状況、身体的状況、家族及び住宅環境等を調査し、必要と認めた場合に「日常生活用具給付券」を交付する制度があります。

 

給付決定は、障害者本人または障害児の保護者からの申請に基づき市町村が行います。同時に市町村は、障害者総合支援法に基づき申請者の自己負担額を決定します。

 

なお、補聴器支給申請の流れは、各市区町村により異なる場合があります。詳しくはお住まいの市区町村「福祉課窓口」でご確認ください。自己負担額は、原則1割負担となります。ただし、所得によっては例外もあります。
 

助成金を上手に活用しながら、快適な毎日を過ごせるといいですね。

※参考資料:

『KIKOERU』

https://e-mimi.jp/subsidy/

 

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする