強い気持ちで!『パラリンピック研究会』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強い気持ちで!『パラリンピック研究会』

 

2020年のオリンピック、パラリンピック大会が、東京で開催されることが決まってから、開催国としての東京は、オリンピックやパラリンピックとどのように向き合い、どのような大会とすべきか、さまざまな分野で、幅広く検討が続いています。

 

そうした検討や官民の施策に役立てられる提言を行う目的として、2014年6月、日本財団により設立されたのが、『パラリンピック研究会』です。『東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会評議会』の事務総長である小倉和夫氏(日本財団特別顧問)を代表として、さまざまな活動に取り組んでいます。

 

  • 『パラリンピック研究会』

http://para.tokyo/

 

2015年6月には、『パラリンピック研究会』の提言も一つの契機となり、『日本財団パラリンピックサポートセンター』が設立されました。『パラリンピック研究会』は、2016年4月から、『日本財団パラリンピックサポートセンター』の一部門として、さらなる活動を続けています。

 

  • 『パラリンピック研究会』

研究者、パラリンピアン、企業関係者、日本パラリンピック委員会を中心とする、障碍者スポーツ関係者、ジャーナリストなどからアドバイスを受けながら、『パラリンピック』をめぐる広範囲の課題について、調査・研究を進める団体です。

 

Photo by Nick Bramhall


『パラリンピック研究会』の成果の一端は、各方面に刊行物として紹介されます。また、研究機関と共催の国際シンポジウム、さまざまな分野の専門家や実務者を講師に招いての勉強会(スポーツ分野では「ワークショップ」、アーツ分野では「スタディグループ」)などを開催しています。

 

『パラリンピック研究会』のホームページでは、パラリンピックに関する、さまざまな調査研究報告を紹介しています。

 

  • 『パラリンピック研究会』の調査研究報告

http://para.tokyo/research/

 

・東京藝術大学COI拠点2020構想/障碍と表現研究グループと共同研究

「障碍者による舞台芸術活動に関するケーススタディ調査」報告書

 

・パラリンピック研究会が国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)と共同研究

「障碍者の舞台芸術表現・鑑賞に関する実態調査」報告書

 

・東京藝術大学COI「障がいと表現研究」グループと共同研究

「国内における障害者による芸術活動の概要」報告書

 

・株式会社日本政策投資銀行との共同調査・発行

「障害者スポーツを支援する企業10社の先進的取り組みを紹介」

 

多くの方の英知が詰まった報告書には、今後の社会が取り組むべき、障碍をお持ちの方との共生社会の道筋を示してくれるアイデアをたくさん見つけることができるでしょう。多くの福祉に取り組む団体が、『パラリンピック研究会』の活動内容を、自らの福祉活動に有意義に取り入れることで、より良い福祉社会に貢献できることを願っています。

 

※参考資料:

『パラリンピック研究会』

http://para.tokyo/

『パラリンピック研究会』の調査研究報告

http://para.tokyo/research/

 

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする