感情と臓器、そしてお肉

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第214回

 6月も中盤、いかがお過ごしですか?梅雨に入って洗濯物が乾かない、大物の洗濯が大変という方も多いですよね。暑い夏もそれはそれでちょっと・・・とは思いますが、梅雨よりはやっぱりからっと晴れたお天気の方がいいかなと思う今日この頃です。

 さて今回は前回の続き・・・というわけではないのですが“感情と臓器の関係”と食生活に於けるお肉選びについてご紹介したいと思います。

まな板の上の豚肉

ノーミート・ノーライフ!

 何度かご紹介しているように中医学では様々なものを五行の「木火土金水」の各項目に当てはめることで相関関係などを診ていきます。そういった中のひとつが「感情」。

 どのような関係になっているかというと・・・

★木性=肝臓=怒り

★火性=心臓=喜び

★土星=胃や膵臓、十二指腸=思い悩む

★金性=肺=悲しむ、憂う、気をもむ

★水性=腎臓=恐れ、驚き

 という関係です。これらに紐づけられている感情が“多すぎる”とそれぞれの臓器を痛めてしまうと考えるわけです。

 これを見て「あれっ?」と思った方、いらっしゃるかもしれませんね。実はこの話をするとよく質問されるのが心臓に紐づけられている「喜び」についてで、「どうして喜ぶことが体に悪影響を及ぼすのですか?」という点です。かくいう私も初めてこれを教わった際には同じことを思いました。

 が、解説を受けて納得。

 要は「喜び」の感情も「過ぎたるは及ばざるが如し」で「喜び過ぎて興奮状態が続く、過度の興奮状態に陥る」ということは体に負担をかけてしまうという考え方なのです。やはり何事もバランスが大事だということですね。

 そこで最近、自分はどんな感情を持つことが多いかなぁ・・・?と考えてみてください。

 それぞれバランス良く?ばらけて?感じていればよいのですが、どれか一つだけしょっちゅう、しょっちゅう感じていたら要注意です!!

 実は私、今年の初めからずっと“ちょっとした憂鬱”があったんです。そんな感情が半年続いた時、何が起こったかというと左肩から腕にかけてなんだか“不調”という感じになりました。とにかく肩が張って張って、そこでいつも行っている整体の先生に診てもらったんです。と・・・「肺の経絡(けいらく)が全部閉じてます」と言われ・・・確かにそのツボを押されるともれなく凄く痛いんです。それで「あっ!」と思って「五行表」を見てみたら、ここ半年の間になんらかの不調があった部分、全て「金性」に属する部分でした。最も顕著だったのはなんと子供のころ以来何十年ぶりに出た蕁麻疹!その“ちょっとした憂鬱”がこんなに体に負担をかけていたかと思ったら、「気持ちが体に及ぼす影響」について改めて認識したと同時にちょっと怖くなりました。

 それで今一度教科書を紐解いていたところ、更に「あっ!」と思うことがあったのでそちらも一緒にご紹介します。それが五行で振り分けられている「お肉の種類」なんです。

★木性=肝臓=怒り→狗肉(犬肉)、馬肉

★火性=心臓=喜び→羊肉

★土星=胃や膵臓、十二指腸=思い悩む→牛肉

★金性=肺=悲しむ、憂う、気をもむ→鶏肉

★水性=腎臓=恐れ、驚き→猪肉、豚肉

 木性の狗肉はちょっと日本では当てはまらないものと考えていただいてよいと思うのですが、他のものは普通に私達の食卓にのぼったり、外食の際にメニューにある食材ですよね。ですから例えばいづれかの感情ばかりを繰り返し繰り返し感じているとしたらそれに相当するお肉を使った料理を食べるようにする。逆にいづれかのお肉ばかりを食べたい、食べているようであればそれに相当する感情でその臓器が弱っている(単純にその臓器に負担がかかる生活をしているという場合も考えられます)というヒントにしてみてください。因みに私はとにかく鶏肉率が異常に高かったです!!

 もちろんこれらは前回同様にあくまでもシグナルです。素人判断で済ませてしまうのは良くありませんので心配だったり、何か気になる症状などがある場合は医師の診断を仰いでください。また感情に関する問題については思い当たることがあればぜひ解決策を探してみてください。私も“ちょっとした憂鬱”、勇気を出して口に出したことで問題が解決し、体調がとてもよくなったので、可能であればみなさんの“感情問題”もぜひ払拭されていただきたいです。

飯野耀子 美容食スペシャリスト/ブランディングプランナー/日本ハーブ振興協会主席研究員
女性市場開拓に於けるプランナー兼インフルエンサーとして日本のみならず
中国、韓国、台湾、香港での執筆、セミナー、メディア出演、商品販売、
出版を通し発信。手がけた商品、書籍は多数。
飯野耀子へのご依頼はこちら

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする