作ってみよう!『てんやく絵本の作り方』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作ってみよう!『てんやく絵本の作り方』

 

『てんやく絵本』をご存知ですか?

 

今から四半世紀前は、視覚に障碍のある母親が、視覚に障碍のないわが子と絵本を楽しみたいと思っても、利用できる絵本はほとんどありませんでした。そんな中で誕生したのが『てんやく絵本』です。

 

『てんやく絵本』は、透明な塩化ビニールシートに文章を点訳し、絵の部分も同じシートで形を切り抜き、絵本に直に貼り付けて、見える人と見えない人が一緒に楽しめるように工夫したものです。

 

Photo by escawk


『てんやく絵本』の利用者は年々多様化し、子育て中の視覚に障碍のある方だけでなく、視覚に障碍のあるお子さまがいるご家庭での利用も増えてきました。さらには地域の読書活動に参加している視覚に障碍のある方や、点字を読む練習を目的とした中途失明者の利用も増えてきています。

 
 
また、点字の啓蒙という部分でも、小中学校において、『てんやく絵本』が教材として取り上げられることが多くなりましたし、大学の卒論のテーマとして学生に取り上げられることもありました。

 

  • 『てんやく絵本の作り方』

http://tenyaku-ehon.la.coocan.jp/volunteer/index.htm

 

『てんやく絵本』は、『特定非営利活動法人 てんやく絵本 ふれあい文庫』が提供しています。見える人も 見えない人も 一緒に絵本を楽しみたい!と考える『ふれあい文庫』では、全国の視覚障碍者の方に、郵送による『てんやく絵本』の無料貸出サービスを行っています。

 

  • 『特定非営利活動法人 てんやく絵本 ふれあい文庫』

http://tenyaku-ehon.la.coocan.jp/index.htm

 

子どもたちと一緒に『てんやく絵本』を楽しみたい方、ボランティアで『てんやく絵本』活動に協力したい方なども求めています。ご興味のある方は、是非一度、ご連絡されてみてはいかがでしょうか。

 

※参考資料:

『特定非営利活動法人 てんやく絵本 ふれあい文庫』

http://tenyaku-ehon.la.coocan.jp/index.htm

※『ふれあい文庫』では、全国の視覚障碍者の方に、郵送によるてんやく絵本の、無料貸出サービスを行っています。

『てんやく絵本の作り方』

http://tenyaku-ehon.la.coocan.jp/volunteer/index.htm

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする