応援しよう!『カナエール』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

応援しよう!『カナエール』

 

『カナエール』をご存知ですか?

 

『カナエール』は、児童養護施設を退所した後に、専門学校や大学等へ進学する子どもたちを支援するための『奨学金支援プログラム』です。

 

  • 『カナエール』

http://www.canayell.jp/

 

なんらかの事情で親と一緒に生活できずに、児童養護施設で生活をした子どもたちの大学等の進学率は23%(全国平均77%)※1です。また、進学できたとしても、学業とアルバイトの両立は厳しく、経済的理由等によって中退してしまう割合は25%と、全国平均の3倍近くにもなっているのが現状です ※2。

※1 『厚生労働省』「社会的養護の現状について」2015年調べ

※2 『NPO法人ブリッジフォースマイル』2016年調べ

 

『カナエール』は、未来に向かって勉強に取り組む、児童養護施設を退所し、進学する若者たちの『資金』と『意欲』をサポートしています。

 

Photo by Sole Treadmill


『カナエール』は、夢や進学への思いを語る『スピーチコンテスト』へ出場することで、返済不要の奨学金を、プロジェクトへの寄附とコンテストのチケット販売を原資に給付しています。120日間、スピーチコンテストに向けて3人の社会人ボランティアとチームになって取り組むことで、進学してからの『意欲』と『資金』の両面をサポートすることを目的としています。

 

『カナエール』の資金サポート

 
(1)『スピーチコンテスト』への出場を達成すると、奨学金の支給が始まります。奨学資金は、個人・企業からの寄付金や、コンテスト入場料(夢チケット)などに支えられています。

・ 一時金 30万円

・ 卒業までの奨学金 毎月3万円

 

(2)月3万円は時間のサポート

月々の奨学金3万円は、アルバイト37.5時間分に相当します(時給800円の場合)。これは、睡眠、勉強、友達との時間を削ってアルバイトに励む奨学生への時間のプレゼント。“時間のゆとり”は“心のゆとり”として、卒業までの生活を意欲面でも支えます。

 

(3)15人みんなで、1人をサポート

『奨学金継続サポート(毎月2,000円の継続寄付)』に参加した場合、支援者15人みんなで1人の奨学生をサポートします。

 

(4)企業はじめ、さまざまなサポートも

寄付をくださるスポンサー、物品提供でくださるオフィシャル・サプライヤー、更にはプロの視点で技術的なバックアップをくださるパートナー、様々なカタチでこの奨学金プログラムを支えていただいています。

 

多くの方が、お金や技術で、未来を生き抜く力をサポートします。それは、社会に出て一番必要な人間関係を築く力を養うことにも繋がります。2017年も東京・横浜・福岡の3会場にて、『カナエール』のスピーチコンテストが開催されます。ひとりひとりの頑張る想いをみんなで応援しましょう!

 

※参考資料:

『カナエール』

http://www.canayell.jp/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする