『働く障害者の弁護団』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『働く障害者の弁護団』

 

『働く障害者の弁護団』をご存知ですか?

 

『働く障害者の弁護団』は、障害をもちながら 現に働いている人 今は働いていないけれども働きたいと思っている人、働いていて退職した人を弁護する弁護士の集まりです。

 

働く障害者をとりまく現状は、大変厳しいものがあります。低賃金、長時間労働、昇給・昇格なしなど、大変な環境の中で働く障害のある方は、健康を害したり、時には命までも失ってしまう場合もあります。しかしながら、“働かせてもらえるだけましと思え”というような周囲の声に圧倒され、働く障害者は黙って耐えているのが現実です。

 

Photo by kiskiack


なかなか声をあげにくい、働く障害のある方から、その声を少しでも受けとめ、「働く障害のある方の労働環境の改善に、多少なりとも役立つことができれば」という思いから、2000年6月に弁護士の有志が集まり、この弁護団が結成されました。

 

 

  • 『働く障害者の弁護団』

http://www.bengodan.net/shogaisha/

 

『働く障害者の弁護団』では、障害を持ちながら働く人、働きたい人、働いて退職した人の相談・意見を受け付けております。電話でのご相談は受け付けていないので、まずはメール、ファックス、あるいは手紙で、ご相談ください。

 

  • 『労働相談ポスト』

http://www.bengodan.net/shogaisha/post/index.html

 

障害のある方の人権関係に取り組む、弁護士約70名がネットワークを作り、北は北海道から、南は沖縄まで、全国各地に担当する弁護士がいます。全国の障害のある方々ならびに市民の皆さんからのアクセスを待っています。

 

障害のある方が、労働相談のノウハウをお持ちの弁護団の方に相談して、権利や尊厳が守られている労働環境で、心穏やかに働けることを願っています。

 

※参考資料:

『働く障害者の弁護団』

http://www.bengodan.net/shogaisha/

『労働相談ポスト』
http://www.bengodan.net/shogaisha/post/index.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする