予防しよう!『ロコモチャレンジ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予防しよう!『ロコモチャレンジ』

 

『ロコモティブシンドローム』を、ご存知ですか?

 

『ロコモティブシンドローム』とは、運動器の障碍のために、移動機能の低下をきたした状態のことをいいます。(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」といいます。『ロコモティブシンドローム』が進行すると介護が必要になるリスクが高くなります。

 

『ロコモティブシンドローム』は、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障碍が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態です。進行すると日常生活にも支障が生じてくるため、2007年、『日本整形外科学会』は、人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、『ロコモティブシンドローム』という概念を提唱しました。

 

Photo by teammarche


日本整形外科学会と博報堂は、『ロコモティブシンドローム』を、医療・企業・行政の枠を超えて社会的に取り組むテーマであると考え、広く啓発し、『ロコモティブシンドローム』に負けない社会をつくるため、『ロコモ チャレンジ!協議会』を立ち上げました。

 

 

  • 『ロコモチャレンジ』(日本整形外科学会公認)

https://locomo-joa.jp/

 

高齢者の運動器の問題を、「日本社会全体の、チャレンジ!」と位置づけ、『ロコモ チャレンジ!』に取り組んでいます。

(1)『ロコモティブシンドローム』をしっかり予防するのもチャレンジ!

(2)『ロコモティブシンドローム』の正しい知識を広めるのもチャレンジ!

(3)整形外科を受診するのもチャレンジ!

 

生活者、社会、医療の3つの視点から「チャレンジ!」を宣言することで、高齢者や中高年だけの問題ではなく、社会全体の問題として、『ロコモティブシンドローム』の一般化をはかっています。

 

まずは『ロコモ度テスト』で、自分がロコモかどうかを診断してみましょう!今の自分の身体の状態を知ることが大切です。

 

  • 診断しよう!『ロコモチェック』

https://locomo-joa.jp/check/

 

ずっと自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ちさせ、『ロコモティブシンドローム』を予防し、健康寿命を延ばしていくことが必要とされています。毎日の生活に『ロコモティブシンドローム』対策を取り入れて、いつまでも元気で、心地良い日常を過ごしていきたいですね。

 

※参考資料:

『ロコモチャレンジ』(日本整形外科学会公認)

https://locomo-joa.jp/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする