助け合いのしるし!『ヘルプマーク』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

助け合いのしるし!『ヘルプマーク』

 

駅や街角など、さまざまな場所で障碍のある方を見かけたときに、何かお手伝いできることはないかを聴き、社会全体でサポートする環境づくりに力が入れられています。その中のひとつが『ヘルプマーク』です。

 

街中や交通機関など生活のさまざまな場所で、周囲からの配慮を必要としている方々を、みんなで助け合う社会を実現するために、『ヘルプマーク』が誕生しました。一人でも多くの方の心遣いが『ヘルプマーク』への理解と行動をうながす原動力になります。『ヘルプマーク』のホームページを参考にして、『ヘルプマーク』啓発への協力を、ひとりひとりが心がけていきましょう!

 

『ヘルプマーク』は、義足や人工関節を使用している方、内部障碍や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるように作成したマークです。

 

ヘルプマークの配布や優先席へのステッカー標示などを、平成24年10月から都営地下鉄大江戸線で、平成25年7月から全ての都営地下鉄、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーで開始し、さらに、平成26年7月からゆりかもめ、多摩モノレール、平成28年12月から、都立病院、公益財団法人東京都保健医療公社の病院へと拡大しています。また、東京では公共の図書館でも配布しているところがあります。

 

『ヘルプマーク』とは?
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html

 

Photo by machu.


また、平成26年7月からは、民間企業への働きかけも実施しています。例えば、『全国介護タクシー協会』では、関東近県の介護タクシー270車両に、『ヘルプマーク』のステッカーを貼付。また、広報誌『介護タクシー通信』(2017年3月発行)にヘルプマークの概要を掲載。会員に広報誌を配布し普及啓発への協力を開始した。その他の企業の取り組みも『ヘルプマーク』のホームページで、是非、ご覧になられてみてください。

 

『ヘルプマーク』について、企業・事業者向けの取り組みとは?
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/helpmarkforcompany/

 

『ヘルプマーク』を身に着けた方を見かけたら、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかけるなど、社会全体で思いやりのある行動を心がけましょう。

 

※参考資料:

『ヘルプマーク』(東京都保健福祉局)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shougai/shougai_shisaku/helpmark.html

 

『ヘルプマーク』(企業・事業者向け)

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/helpmarkforcompany/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする