学ぶ機会を大切に!『障害学生生活支援』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学ぶ機会を大切に!『障害学生生活支援』

 

現在、大学などにおいては、障害のある学生の在籍数が急増しており、各大学などでは、今まで以上に、障害のある学生の受入れや支援体制の整備が急務となっています。

 

Photo by Reading Tom


文部科学省では、『障害のある学生の修学支援に関する検討会報告』を策定して、大学などにおける『障害学生支援』を整理するとともに、これからの支援のあり方について、方向性を発表しています。

 

こうした状況において、『障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)』における、合理的配慮規定等の施行(平28年4月施行)によって、『障害学生支援』は大きな変化の時期を迎えています。

 

  • 『独立行政法人 日本学生支援機構 障害学生生活支援』

http://www.jasso.go.jp/gakusei/tokubetsu_shien/

 

  • 障害学生の支援とは?

『障害学生支援』には、修学機会、教育の質、公平に評価される機会などを確保し、障害のある学生が、障害を理由に修学を断念することがないようにすることが求められています。具体的には、下記支援があります。

 

(1)情報保障

(2)コミュニケーション上の配慮

(3)教材の配慮

(4)学習空白への配慮

(5)学外における実習やインターンシップにおける配慮

(6)公平な試験の配慮

(7)公平な成績評価

(8)心理面・健康面の配慮

 

また、障害のある学生のキャリア教育においては、学生の『セルフアドボガシースキル(自らの障害を肯定的に捉え、社会的ルールの中で必要な配慮を適切に求められる力)』を育てることが重要です。学生の障害の様態や特性に適した『個別のキャリア支援プログラム』を提供し、学生の就職に関する希望に沿いつつ、社会的自立へ向けての教育と支援を行なっています。

 

  • 社会的自立へ向けての教育と支援とは?
  • 年齢や立場に応じたコミュニケーションのとり方
  • マナー等の社会スキル指導
  • エントリーシートの作成や面接などに関する指導
  • アルバイトやインターンシップによる就労経験など

 

『障害学生生活支援』には、障害のある学生が、自らの支援ニーズや職業 適性を理解し、自信を持って就職活動を行なえるような多くのサポートが含まれます。社会に出る前に、こうした応援チームの力を得ながら、自分がやりたいことを見つけ、力強く、羽ばたいていける環境があることはとても心強いことですね。こうした環境づくりにこれからももっと力をいれていける社会になっていくことを願っています。

 

※参考資料:

『独立行政法人 日本学生支援機構 障害学生生活支援』

http://www.jasso.go.jp/gakusei/tokubetsu_shien/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする