実践しよう!『東京都 ライフ・ワーク・バランス』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実践しよう!『東京都 ライフ・ワーク・バランス』

 

『ライフ・ワーク・バランス』は、人それぞれの希望に応じて、『仕事』と、子育てや親の介護、地域活動、自己啓発等の『仕事以外の生活』の調和がはかれる状態をいいます。

 

Photo by winnifredxoxo


望ましいバランスは、人によっても違いますし、青年期・子育て期・中高年期といったライフステージによっても変化します。自分にあった『ライフ・ワーク・バランス』を実現するためには、これまでの働き方を見直すことがポイントになります。『ライフ・ワーク・バランス』をうまく取ることができれば、個人としては、より充実した生活をおくることができ、成長しながら働くことができますし、また、企業としても、社員の力を十分に引き出して、持続的に企業発展することができるため、社会全体に活力が生まれてきます。

 

『ライフ・ワーク・バランス』におけるバランスは、仕事と生活の時間的なバランスだけを指すのではなく、また、仕事と生活の割合が5:5になることを目指しているのでもないのです。仕事を一生懸命頑張りたい人や、家族との時間を大切にしたい人等、人によって何が重要であるかが異なって当然です。それぞれが希望する形で、バランスを決められることが重要です。

 

東京都では、ひとりひとりの『ライフ・ワーク・バランス』実現にむけて、ホームページを開設しています。

 

  • 『東京都 ライフ・ワーク・バランス』

http://www.tokyo-danjo.jp/lwb/

 

『東京都 ライフ・ワーク・バランス』では、より多くの方が『ライフ・ワーク・バランス』を実現するための情報を紹介しています

  • 『ライフ・ワーク・バランス』についてのQ&A
  • セミナー等の情報
  • 支援情報
  • 『ライフ・ワーク・バランス』への取り組み事例紹介
  • 『ライフ・ワーク・バランス』についてのコラム
  • 冊子やパンフレット、資料集

 

また、企業の経営者や『ライフ・ワーク・バランス推進担当者』を主な対象とした、『ライフ・ワーク・バランス』を進める上で役立つ、いわば虎の巻として利用いただくための手引きがダウンロードできますので、是非、参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

  • 『ライフ・ワーク・バランス実践手引書』

http://www.tokyo-danjo.jp/lwb/jissen/program.html

 

生き方や働き方は、ひとりひとり違って当然です。自分にあった生き方を見つけるために、ご自身の働き方を見直すきっかけになればいいですね。

 

※参考資料:

『東京都 ライフ・ワーク・バランス』

http://www.tokyo-danjo.jp/lwb/

『ライフ・ワーク・バランス実践手引書』

http://www.tokyo-danjo.jp/lwb/jissen/program.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする