活躍中!『ブラインドライターズ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

活躍中!『ブラインドライターズ』

 

『ブラインドライターズ』をご存知ですか?

 

『ブラインドライターズ』は、視覚に障碍をお持ちの方々が、音声データをテキスト化する「テープ起こし」をした後、Wordデータにて納品している、テープ起こしの専門家です。

 

視覚に障碍をお持ちの方々は、普段から声で人を判別したり、文字は音声読み上げソフトを駆して、日常生活を送っています。その研ぎ澄まされた聴力を生かし、音源をワードテキストに変換するお仕事をされているのです。

 

もともと『ブラインドライター』として活躍されている松田昌美さんと、その後輩として、3人のブラインドライターが加わったチームが、『ブラインドライターズ』です。

 

  • 『ブラインドライターズ』

https://peraichi.com/landing_pages/view/writers

 

Photo by Hades2k


ライターにとってもっとも苦痛な作業は「テープ起こし」です。取材は好きだけれど、テープ起こしがおっくうなために、〆切ギリギリまで原稿に手が出せずにいる事もあります。しかし、テープ起こしを外部に依頼できるほどライター原稿料は高くありません。
 
 

なるべく安価に、かつ気軽に起こしをお願いできたら、ライターの作業効率はぐんと上がるはずだと考えた『ブラインドライターズ』を監修・運営されている和久井香菜子さんは、大量の取材音源を抱えていたとき、『ブラインドライター』の松田昌美さんを紹介してもらいました。

 

Facebookやメールで、なんの問題もなくやり取りができるうえ、データはいらない箇所が省かれ、原稿を起こすのに理想的なものが送られてきました。

 

松田昌美さんがたくさんの依頼を引き受け、ブラインドライターとして活躍するようになると、今度は「もっとたくさんの人に活躍して欲しい」と考えるようになり、3人の「ブラインドライターズ」が誕生したのです。

 

障碍は「機能を失う」ことではなく、「新たな能力を身につける」ことでもあり、その身につけた能力を必要とする人は、世の中にたくさんいると思いから、和久井香菜子さんは『ブラインドライターズ』の運営に取り組んでいらっしゃいます。

 

テープ起こしをご検討の際には、是非、『ブラインドライターズ』にご依頼されてみてはいかがでしょうか。

 

※参考資料:

『ブラインドライターズ』

https://peraichi.com/landing_pages/view/writers

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする