申請をサポート!『就労継続支援どっとこむ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申請をサポート!『就労継続支援どっとこむ』

 

『就労継続支援事業』をご存知ですか?

 

『就労継続支援事業』とは、通常の事業所に雇用されることが困難な障碍のある方のために、就労の機会を提供するとともに、生産活動やその他の活動の機会の提供を通じて、その知識、及び、能力の向上のために必要な訓練を行う事業のことです。

 

『就労継続支援事業』には、雇用契約を結び利用する「A型」と、雇用契約を結ばないで利用する「B型」の2種類があります。

 

Photo bu [cipher]


A型とB型には、働く側にとっても、雇用する側にとっても、それぞれメリット・デメリットがあります。『就労継続支援どっとこむ』では、就労継続支援に詳しい行政書士が在籍し、過去の事例をひもときながら、丁寧に相談や書類作成に応じています。

 

 

  • 『就労継続支援どっとこむ』

http://www.s-agata.com/category10/

 

『就労継続支援A型事業』とは?

通常の事業所に雇用されることが困難で、雇用契約に基づく就労が可能である者に対して行う雇用契約の締結等による就労の機会の提供、及び、生産活動の機会の提供、その他の就労に必要な知識、及び、能力の向上のために必要な訓練、その他の必要な支援事業のことをいいます。

※利用される方には、最低賃金以上を支払います:月平均:68,691円(全国平均:平成24年度)

 

『就労継続支援B型事業』とは?

通常の事業所に雇用されることが困難で、雇用契約に基づく就労が困難である者に対して行う就労の機会の提供、及び、生産活動の機会の提供、その他の就労に必要な知識、及び、能力の向上のために必要な訓練、その他の必要な支援事業のことをいいます。

※利用される方には、授産施設平均工賃を支払います:月平均:14,190円(全国平均:平成24年度)

 

就労継続支援A型とB型の違いとは?

『就労継続支援A型事業』と『就労継続支援B型事業』の違いは、雇用契約の有無、つまり事業者と利用者の雇用関係が成立しているかいないかという点です。

 

  • 工賃はA型にもB型にも支払われます。
  •  

  • A型事業の対象は、通常の事業所で雇用されることは困難だが、雇用契約に基づく就労が可能な方です。B型事業の対象は、通常の事業所で雇用されることが困難で、雇用契約に基づく就労も困難な方です。
  •  

  • A型は、雇用契約を結んで就労が可能と見込まれる人で、盲・聾養護学校卒業者や一般企業を離職した人が対象になります。事業所と雇用契約を結ぶため、収入の安定と各種保険の適用で、安心して職場で訓練が可能になります。B型は、就労の機会を通して生産活動の知識や能力の向上が見込まれる人や、過去に一般企業に就職していたが年齢や体力面の問題で雇用されることが困難になった人たちが対象になります。(A型に比べ、短時間労働が多く賃金等が低い場合が多い)

 

まずは、『就労継続支援どっとこむ』のホームページをご覧になって、『就労継続支援事業』の中で、自分が利用したい、また、家族にふさわしいサポートを学んでみてはいかがでしょうか。

 

※参考資料:

『就労継続支援どっとこむ』

http://www.s-agata.com/category10/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする