覚えておこう!『災害時給水ステーション』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

覚えておこう!『災害時給水ステーション』

 

ご近所の『災害時給水ステーション』を、ご存知ですか?

 

Photo by Neil Tackaberry


水道局では、耐震継手管への取替計画の前倒しなど、さまざまな震災対策に取り組んでいます。東京都水道局の場合は、震災等により断水した際に、『災害時給水ステーション』にて、水を配っています。『災害時給水ステーション』は、次の3つです。

 

(1)『災害時給水ステーション』(給水拠点)

住まいから、だいたい半径2kmの距離内に1か所として、都内212カ所(浄水場、給水所、応急給水槽※等)に開設します。『災害時給水ステーション』(給水拠点)の位置は、東京都水道局のホームページから確認できます。また、『応急給水槽』は、公園などの地下に設置されています。水槽の水は配水管との間を循環する仕組みになっているので、常に新鮮な水が確保されています。

※無料スマートフォンアプリの「ロケスマ」を利用すれば、近くの『災害時給水ステーション』(給水拠点)を、簡単に確認することができます。
 

(2)『災害時給水ステーション』(車両輸送)

『災害時給水ステーション』(給水拠点)から遠く離れている避難場所などに、給水車等の車両を使用して水を運び、開設しています。

 

(3)『災害時給水ステーション』(消火栓等)

『災害時給水ステーション』(給水拠点)での応急給水を補完するために、避難所付近のあらかじめ指定した消火栓等に、区市町が仮設の蛇口を設置し、開設しています。

 

  • 東京都水道局『災害時給水ステーション』

http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/shinsai/kyoten.html

 

災害時に生き延びるために、水は必ず必要です。東京都水道局のホームページやアプリ、また東京都以外の都道府県の方はその地域の自治体などのホームページにて、平常時から、住まいや会社の近くの災害時給水施設を確認し、災害時に備えるように気を付けておきましょう!

 

※参考資料:

東京都水道局『災害時給水ステーション』

http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/shinsai/kyoten.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする