その職場、大丈夫?『あかるい職場応援団』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その職場、大丈夫?『あかるい職場応援団』

 

『あかるい職場応援団』というホームページをご存知ですか?

 

『あかるい職場応援団』は、『職場のパワーハラスメント』問題の予防・解決に向け、問題に関する様々な情報発信を行っていくため開設されたホームページです。

 

Photo by Matt’s Life


『職場のパワーハラスメント』問題は、『都道府県労働局』や『労働基準監督署』への相談件数が増加の一途をたどるなど、社会的な問題として顕在化してきています。この問題の予防・解決に向け、2011年7月から開催された『職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議』の提言等をもとにして、『厚生労働省』の委託事業として、平成24年10月1日に開設されました。

 

  • 『職場のパワーハラスメント』とは?

同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの『職場内での優位性』を背景に、『業務の適正な範囲』を超えて、精神的・身体的苦痛を与えること、または、職場環境を悪化させる行為をいいます。

 

  • 『職場での優位性』とは?

『パワーハラスメント』という言葉は、上司から部下へのいじめ・嫌がらせをさして使われる場合が多いですが、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。『職場内での優位性』には、『職務上の地位』に限らず、人間関係や専門知識、経験などの様々な優位性が含まれます。

 

  • 『業務の適正な範囲』とは?

業務上の必要な指示や注意・指導を不満に感じたりする場合でも、『業務上の適正な範囲』で行われている場合には、『パワーハラスメント』にはあたりません。例えば、上司は自らの職位・職能に応じて権限を発揮し、業務上の指揮監督や教育指導を行い、上司としての役割を遂行することが求められます。職場の『パワーハラスメント』対策は、そのような上司の適正な指導を妨げるものではなく、各職場で、何が業務の適正な範囲で、何がそうでないのか、その範囲を明確にする取組を行うことによって、適正な指導をサポートするものでなければなりません。

 

  • 厚生労働省『あかるい職場応援団』

http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/

 

 

『職場のパワーハラスメント』は、働くことで賃金をもらい生活をしている関係上、なかなか本人の力では解決できないため、大きな社会問題になっています。

 

職場でハラスメントを受けた本人はもちろんですが、ハラスメントを見たり、聞いたりした場合も、『あかるい職場応援団』に相談し、一刻も早く『ハラスメント』を解決し、正しい職場環境を取り戻しましょう。

 

『あかるい職場応援団』の運営事務局は、多くの方からの意見や感想、『あかるい職場応援団』運営委員会での議論から、ホームページのコンテンツを精査して、働く方をサポートするサイト運営に取り組んでいます。

 

※参考資料:

厚生労働省『あかるい職場応援団』

http://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする