本でできる支援!『学校外教育バウチャー・プロジェクト』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本でできる支援!『学校外教育バウチャー・プロジェクト』

 

『学校外教育バウチャー・プロジェクト』では、震災、貧困が原因で、学びたくても学べない子どもたちに、学習の機会を提供しています。

 

Photo by ali edwards


『学校外教育バウチャー・プロジェクト』は、ご家庭や会社で不要になった古本で、経済的に困窮した子どもたちを支援するプロジェクトです。『学校外教育バウチャー・プロジェクト』で、子どもたちには、塾・予備校・習い事などの学校外教育サービスで利用できるクーポンを提供し、学びの機会を保障しています。

 

 

  • 単行本が200冊集まったらできる事(※1冊50円の場合)

 ⇒中学生・高校生が予備校の夏期講習を受講できる

 

  • 単行本が400冊集まったらできる事(※1冊50円の場合)

 ⇒小学生が学習塾を3ヶ月間利用し、学習の機会を得ることができる

 

  • 単行本が400冊集まったらできる事(※1冊50円の場合)

 ⇒小学生が1泊2日程度のキャンプに参加し、野外活動の機会を得ることができる

 
『学校外教育バウチャー・プロジェクト』

http://book-voucher.jp/

 

『学校外教育バウチャー・プロジェクト』は、『公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン』によって運営されています。『公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン』は、阪神・淡路大震災で被災した子どもたちの支援を行ってきた『特定非営利活動法人ブレーン ヒューマニティー』のプロジェクトとして2009年に発足し、2011年に設立されました。

 

被災地、及び、関西地域にて、経済的に困難な状態にある子どもたちに、選択肢を広げるための機会を提供しています。学校外での教育機会を十分に受けることができない子どもたちに対して、 塾・予備校・習い事などで使える『教育バウチャー(クーポン券)』を提供し、子どもたちの学びの機会を保障しています。

 

大人が守るのは、子どもが笑って過ごせる時間。社会全体で、子どもたちが笑って過ごせる日々を作り出せるよう協力していきたいですね。

 

※参考資料:

『学校外教育バウチャー・プロジェクト』

http://book-voucher.jp/

『公益社団法人チャンス・フォー・チルドレン』

http://cfc.or.jp/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする