しっかり寝よう!『睡眠や不眠の障害』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しっかり寝よう!『睡眠や不眠の障害』

 

「しっかり寝たはずなのに、なんだかだるい」「身体の疲れが取れなくて、仕事に集中できない」「どうしても、夜、眠れない。昼間はとても眠いのに」そんな方は少なくないのではないでしょうか?

 

こうした睡眠に関する悩みはたくさんありますが、その症状は人によって様々です。
 

  • 『不眠』を含む代表的な睡眠障害とは?

(1)『不眠症』

(2)『過眠症』

(3)『概日リズム睡眠障害』

(4)『睡眠呼吸障害』

(5)『その他の睡眠障害』

(6)『身体疾患や精神疾患に合併した不眠』

 

例えば、『概日リズム睡眠障害』とは、昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合わないため、1日の中で社会的に要求される、あるいは自ら望む時間帯に睡眠をとることができず、活動に困難をきたすような睡眠障害のことをいいます。

 

  • 『概日リズム睡眠障害』には、5つのタイプがあります。

(1)交代勤務による睡眠障害

(2)睡眠相互退症候群

(3)睡眠相前進症候群

(4)非24時間睡眠覚醒症候群

(5)不規則型睡眠覚醒パターン

 

Photo by hotzeplotz


一口に、睡眠障害といっても、仕事内容やライフスタイルによって、原因や症状はさまざまです。他の方の症状に近いからと思わずに、自分がどの症状なのか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

眠ることは健康の基本です。毎日、しっかり眠って疲れをとり、健やかな毎日を過ごしましょう!

※参考資料:

『スイミンネット』

http://www.suimin.net/step1/syndrome/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする