正しく使おう!『おくすりe情報』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しく使おう!『おくすりe情報』

 

風邪をひいたり、怪我をして病院にいくと、お薬を処方して頂きます。また、病院へ行くまでもないときは、街のドラッグストアで薬を購入して、体調を整えます。私たちの毎日をサポートしてくれる大切な薬ですが、正しく使わないと、かえって症状を悪化させてしまうことになってしまいます。

 

『厚生労働省』では、正しく薬を使うために、『おくすりe情報』というホームページに、薬を使う時の注意点をまとめています。家庭で、家族で確認するのはもちろんですが、学校や会社で配布できるPDFが充実しているなど、福祉関係のお仕事をされている方々にも有効な情報がたくさん掲載されています。

 

  • 『厚生労働省 おくすりe情報』

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/okusuri/info/index.html

 

  • これだけは知っておこう!『薬の使い方』

(1)用法・容量を確かめましょう

(2)副作用を確認しましょう

(3)飲み合わせを確認しましょう

(4)医師から処方された他の人の薬は使えません

(5)個人輸入の薬の危険性を理解し、使用する前は医師や薬剤師に相談しましょう

 

上記にひとつでも不安がある方は、薬を使う前に、必ず、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。薬に関するもっと詳しい内容は、『おくすりe情報』のホームページに分かりやすく掲載されています。

 

また、薬に関する法令や統計、普及啓発情報、最新ニュース、薬剤師や薬学教育などの情報も検索することができます。

 

同じ薬を長い間飲んでいても、症状が改善しないときなど、自分の判断で薬を替えるのではなく、必ず、医師、もしくは薬剤師に今の状況を相談し、解決策を一緒に見つけるようにしましょう。

 

Photo by .v1ctor Casale.


薬は、正しく使えば辛かった症状を改善してくれる大切な存在です。しかし、程度に差はありますが、どんな薬でも副作用を起こすリスクがあります。正しく使わなければ思わぬ副作用を引き起こすこともあります。専門家から正しいアドバイスを受けて、正しい使用方法を理解してから使用しましょう。

 

病気のときは辛くてなかなか将来のことまで考えられないかもしれません。普段からかかりつけの薬局を持つことで、信頼できる薬剤師さんになんでも相談できる環境を整えるように、心がけておきましょう。

 

※参考資料:

『厚生労働省 おくすりe情報』

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/okusuri/info/index.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする