近づいてます!『日本の木材活用リレー』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近づいてます!『日本の木材活用リレー』

 

2020東京オリンピックパラリンピック開催まで、1,000日を切りました。オリンピックに関わるさまざまな分野で準備が進んでいます。

 

選手がそれぞれの技術を磨き、参加権を得るために、日々鍛えていることもそうですが、主催国としてオリンピックパラリンピックを開催する日本では、開催都市の東京だけでなく、日本全国でオリンピックを盛り上げていくための施策があります。そのひとつが、『日本の木材活用リレー ~みんなで作る選手村ビレッジプラザ~』です。

 

  • 『日本の木材活用リレー』

https://tokyo2020.jp/jp/games/sustainability/village/

 

『日本の木材活用リレー』は、オールジャパンで大会を盛り上げ、環境に配慮した持続可能な大会を実現するために、国産木材を使用し、『選手村ビレッジプラザ』を建築する計画です。東京2020組織委員会が立ち上げ、このプロジェクトに木材を提供していただく地方自治体も募集されました。

 

Photo by rouadec


そもそも、『木材活用リレー』は、多くの自治体から、地元の木材をオリンピックパラリンピックに活用してはどうかという提案があったことをきっかけとして、『東京2020組織委員会』が前向きに検討を進めてきました。

 

計画内容は、全国の自治体から、無償で借り受けた木材を使用し、『選手村ビレッジプラザ』を建設し、大会後に解体された木材を各自治体の公共施設などでレガシーとして活用するというものです。

 

全国の木材で一つの建物を作ることで、オールジャパンの大会参画を実現します。また、各地の木材を、建物の様々な箇所に使用して、多様性と調和を表現します。
 

さらに、国産木材の使用は林業の再生など、持続可能な森林の保全に寄与するとともに、各地域において大会参画の証が残されるようにレガシーとして活用していただくことで環境負荷を低減し、持続可能性の実現を目指す社会を啓蒙し、オリンピックパラリンピックをきっかけに多くの方がより良い未来の創り方を学ぶ機会になることを希望しています。

 

世界が注目するイベントをより有意義なものにするために取り組まれているイベントが、『公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会』のホームページにもたくさん紹介されています。

 

  • 『公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会』

https://tokyo2020.jp/jp/

 

是非一度ご覧になり、皆さんやまわりの方の毎日が豊かになるようなきっかけに繋がることを願っています。

 

※参考資料:

『日本の木材活用リレー』

https://tokyo2020.jp/jp/games/sustainability/village/

『公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会』

https://tokyo2020.jp/jp/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする