知ろう!『日本筋ジストロフィー協会』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知ろう!『日本筋ジストロフィー協会』

 

『一般社団法人 日本筋ジストロフィー協会』は、患者さん、およびご家族の援護と福祉の増進に寄与することを目的として設立され、全国の都道府県に支部を持つ福祉団体です。

 

『一般社団法人 日本筋ジストロフィー協会』は、昭和39年に発足し、現在では会員1,800人余りを有する一般社団法人として、さまざまな活動に取り組んでいます。

 

東京に本部をおき、全国47都道府県に支部があり、さらに8地方ブロック(北海道・東北・関東甲信越・東海北陸・近畿・中国・四国・九州)に分かれて活動し、また、支部とは別に、病名ごとの患者さんの『家族会』が複数存在し、それぞれが積極的な活動を行っています。

 

  • 『一般社団法人 日本筋ジストロフィー協会』

https://www.jmda.or.jp/

 

『日本筋ジストロフィー協会』では、“根治”と“QOLの改善”に向けて、多岐にわたる活動を行っています。また、これらの活動を支えていきたい思って頂けるサポーターの方も随時募集中です。活動の一例として、『大塚駅前診療所』と、『筋ジス自販機』をご紹介いたします。

  • 『大塚駅前診療所』とは?

『大塚駅前診療所』は、患者さんとご家族でつくる『日本筋ジストロフィー協会』が運営しており、小児科、心療内科、精神科、神経内科を専門に、特に筋ジストロフィー、筋委縮症、その他の神経・筋疾患の患者さんに、適切な医療を提供しています。

 

  • 『筋ジス自販機』とは?

人と地球にやさしく、社会への貢献を第一に考えた自販機です。

 

身近な自動販売機を愛の窓口としてとらえ、「いつでも、どこでも、誰でも」が、社会に貢献できる環境を作る活動です。集められた募金や寄付金は、『中央共同募金会』を通じて、『日本筋ジストロフィー協会』の患者さんやご家族のために役立てられます。

 

Photo by AKX_


職場などで、『筋ジス自販機』の設置を検討されている方や、寄付を検討されている方は、是非一度、『一般社団法人 日本筋ジストロフィー協会』まで連絡されてみてはいかがでしょうか。

 

※参考資料:

『一般社団法人 日本筋ジストロフィー協会』

https://www.jmda.or.jp/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする