納得して働こう!『全労連』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

納得して働こう!『全労連』

 

働いていると、さまざまなことが起こります。仕事先や仲間と話し合って解決するのであればいいのですが、そうでない場合は、外部の相談機関を利用して、正しい環境の中で働けるように心がけましょう。『全労連』では、さまざまな労働についての相談を受け付けています。

 

 

  • 『全労連』

http://www.zenroren.gr.jp/jp/soudan/

 

  • 労働相談ホットライン

電話番号0120-378-060

※フリーダイヤルはおかけになった地域の労働相談センターにつながります
※秘密厳守、相談無料
※メール相談も受け付けています

http://www.zenroren.gr.jp/jp/soudan/rodosodan_form/form1.html

 

 

『全労連』には、例えば、こんな相談が寄せられています。

(1)「パートには何の権利もない」と言われた。

(2)「うちには有給休暇なんかないよ」と言われた。

(3)「社会保険をかけてくれない」。

(4)有期契約で働いている、正規になりたいのですが。

(5)「女のくせに」と上司から差別されているのですが。

(6)「会社を辞めるなら損害賠償を払え」と言われた。

(7)突然「解雇する」と言われた。

(8)残業手当が払われない。

(9)労働条件をキチンと教えてくれない。

(10)上司のいじめがひどくてメンタルが落ち込んだ。

(11)「あなたは請負だから労働法は関係ない」と言われた。

 

上記のような問い合わせに対して、労働法を取り上げた回答なども『全労連』のホームページで紹介されています。まずは、自分の仕事の悩みと同じような悩みに対する回答を見るのもいいですし、とにかく、電話相談をして、専門家に今の状況を知ってもらうこともできます。

 

Photo by coniferconifer


仕事は、仕事をする現場ごとに社会があり、そこにいる人によって仕事の仕方やとらえ方が違うものです。ですが、そこで無用な差別や違反が無いように、労働法が定められています。

 

給与をもらうために大切な仕事ではありますが、その時間は自分の人生の大切な時間であることに変わりはありません。是非、『全労連』の労働相談ホットラインやホームページを利用して、納得して仕事に取り組んでいきましょう。

 

※参考資料:

『全労連』

http://www.zenroren.gr.jp/jp/soudan/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする