分野別に紹介!『難易度別資格一覧』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

分野別に紹介!『難易度別資格一覧』

 

仕事をしている中でもっとキャリアを積みたいと思っている方や、転職をするために資格を取りたいと思う方、将来はこんな仕事につきたいと考えている学生など、資格を取りたいと思う方がたくさんいらっしゃいます。

 

資格には、自宅で取れるものもあれば、非常に難しい勉強を何年も積み重ねる必要があるものなど、さまざまです。『資格の学校TAC 難易度別資格一覧』のホームページでは、難易度別・目的別に資格を紹介していますので、「この資格とりたいな」と考えている方は、参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

  • 『資格の学校TAC 難易度別資格一覧』

https://www.tac-school.co.jp/calendar.html

 
『資格の学校TAC 難易度別資格一覧』に掲載されている資格の一部をご紹介しましょう。

 

(1)会計・経営・労務関係のおすすめ資格

公認会計士/税理士/簿記検定/建設業経理士検定/ビジネス会計検定/社会保険労務士/ 年金アドバイザー/メンタルヘルス・マネジメント®検定/中小企業診断士/IPO実務検定/財務報告実務検定

 

(2)法律関係のおすすめ資格

法科大学院/予備試験/司法試験/弁理士/知的財産管理技能検定/通関士/貿易実務検定®/ 司法書士/行政書士/ビジネス実務法務検定®/個人情報保護士

 

(3)金融関係のおすすめ資格

証券アナリスト/証券外務員/CFA®/ファイナンシャルプランナー/DCプランナー(企業年金総合プランナー)/ 貸金業務取扱主任者

 

(4)不動産・建築関係のおすすめ資格

不動産鑑定士/宅地建物取引士/マンション管理士/管理業務主任者/建築士(1級・2級)

 

(5)医療事務のおすすめ資格

医療事務(医科・歯科)

 

Photo by kevin dooley


上記は、たくさんある資格の中の一部です。自分がその資格を取るということではなく、資格の種類を知るだけでも、社会にはどんな資格があって、どのような仕事が必要とされているかを理解することにつながります。

 

1日の時間は誰でも同じ、24時間です。その貴重な時間を使って、自分にどんな資格が必要なのか、また、その資格で何をしていくのかなど、人生について考える時間の参考になるかもしれません。自分が何をやりたいかを大切にしていきたいですね。

 

※参考資料:

『資格の学校TAC 難易度別資格一覧』

https://www.tac-school.co.jp/calendar.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする