心をかわそう!『ミュージックケア』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心をかわそう!『ミュージックケア』

 

『ミュージックケア』は、音楽の特性の一部を利用して、その人がその人らしく生きるための援助をすることです。お子さんの場合はその子の持っている力を最大限に発揮させ、発達させる援助を行ってます。

 

また、『ミュージックケア』は、音楽の特性を生かすことで、対象となる方の心身に快い刺激を与えて、対人的な関係の質を向上させ、情緒の回復や安定を図ることを目的としています。さらに、運動感覚や知的機能の改善を促し、その方の心身や生活により良い変化を与えることもねらいです。

 

  • 『ミュージックケア』

http://www.music-care.net/index.html

 

  • 『ミュージックケア』の主な効果とは?

・関係性の発見と改善

・コミュニケーション

・情緒の安定

・不安行動の軽減

・自己コントロール

・身体機能の促進

・発達の促進

・リラクゼーション、生きがい

・集団参加の促進

・注意集中力

・介護予防

・身体運動の誘発(リハビリ効果・発達援助)

・歌唱による効果(昔のことを思い出す(回想)・呼吸を整える・言葉の誘発)

・楽器演奏(発達援助・機能訓練)

 

Photo by Charlie Day DaytimeStudios


音楽を聴くと、心臓の鼓動など、身体を取り巻くリズムが一定になり、気持ちも身体も心地良く、安心感が生まれると言われています。また、誰かと一緒に音楽を聴くことで、その人との波長が合い、気持ちがおだやかになるとも言われています。

 
『ミュージックケア』の主な対象者は、障碍のある方だけではありません。赤ちゃんからお年寄りまで、障碍があってもなくても、どんな人も対象になります。

 
気分がすぐれないときや、やる気がでないときなど、自分がお気に入りの音楽を見つけて、しずかに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。音楽で、軽やかに、楽しく、やさしく、毎日を生きていきたいですね。

 

※参考資料:

『ミュージックケア』

http://www.music-care.net/index.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする