相談しよう!『ひきこもり支援センター』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相談しよう!『ひきこもり支援センター』

 

ひきこもりになってしまい、社会とのつながりを持つのが難しくなってしまった方に対して、国や自治体がさまざまなサポートを準備しています。

 

Photo by slgckgc


『厚生労働省』では、従来から精神保健福祉、児童福祉、ニート対策などにおいて、ひきこもりを含む相談等の取組を行ってきました。平成21年度からは、これらの取組に加えて、『ひきこもり対策推進事業』によって、さらに手厚く、ひきこもり対策に取り組んでいます。

 

  • 『ひきこもり対策推進事業』とは?

 

(1)『ひきこもり地域支援センター設置運営事業』

ひきこもりに特化した専門的な第一次相談窓口として、『ひきこもり地域支援センター』を都道府県、指定都市で運営する事業です。ひきこもりの状態にある本人や家族の方が、地域の中で、「まずどこに相談したらよいか」を明確にすることで、より適切な支援に結びつきやすくすることを目的としています。社会福祉士、精神保健福祉士、臨床心理士といった『ひきこもり支援コーディネーター』を中心に、地域における関係機関とのネットワークや、ひきこもり対策にとって必要な情報を提供しています。

 

(2)『ひきこもりサポーター養成研修、派遣事業』

ひきこもりの長期化や高齢化、それに伴うひきこもりの状態にある本人や家族からの多様な相談に対して、細かく継続的に訪問支援を行うことを目的とする事業です。

各都道府県、指定都市ごとに訪問支援等を行う『ひきこもりサポーター』(ピアサポーターなど)を養成し、養成された『ひきこもりサポーター』によって訪問支援を行っています。

 

  • 『厚生労働省 ひきこもり支援センター』

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/hikikomori/

 

ひきこもりを、本人や家族だけで解決することはとても大変です。病気になったらお医者様に診断して治すように、地域の相談センターに自分の状況を伝えて、サポートを受けながらケアをしていくようにしましょう。

 

ひとりひとり家庭環境も異なりますから、専門知識を持った方のサポートを受けて改善されることを願っています。

 

※参考資料:

『厚生労働省 ひきこもり支援センター』

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/hikikomori/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする