社会がサポート!『働くための教育支援制度』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会がサポート!『働くための教育支援制度』

 

働くためにさまざまな知識や技術を身に付けたいと願う方がたくさんいらっしゃいます。自分のスキルを高めることで、就職先の候補も広がりますし、なにより、自分の仕事の質が上がり、よりより結果を生み出すことにつながります。せっかく働くのであれば、多くの方に喜んでいただき、自分も満足がもてる結果になると望ましいですね。

 

働くための技術を身につけるために、『厚生労働省』では『教育支援制度』を設けています。

 

Photo by Keith.Lee

こちらは、厚生労働省が指定する教育訓練を受講し、修了した場合に、費用の一部が支給される制度となります。
 

働く方の主体的な能力開発の取組みや、中長期的なキャリア形成を支援するために、『教育訓練受講』に支払った費用の一部を支給しています。また、『専門実践教育訓練』を受講する45歳未満の離職者の方に対しては、基本手当が支給されない期間についても、受講に伴う諸経費の負担についても支援を行うことにより、雇用の安定と再就職の促進を図っています。

 

これらは、仕事を探すことを目的とする雇用保険の給付制度です。詳細については、『厚生労働省 働くための教育支援制度』のホームページをご覧ください。

 

  • 『厚生労働省 働くための教育支援制度』

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html

 

  • 『一般教育訓練給付金』の支給額

教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額となります。ただし、その額が10万円を超える場合は10万円とし、4千円を超えない場合は支給されません。

※受講開始日前1年以内にキャリアコンサルタント(職業能力開発促進法第30条の3に規定するキャリアコンサルタント)が行うキャリアコンサルティングを受けた場合は、その費用を、教育訓練経費に加えることができます。ただし、その額が2万円を超える場合の教育訓練経費とできる額は2万円までとします(平成29年1月1日以降にキャリアコンサルティングを受講した場合に限ります)。

 

  • 『専門実践教育訓練給付金』の支給額

(1)
・教育訓練施設に支払った教育訓練経費の50%に相当する額
・1年間で40万円を超える場合の支給額は40万円(訓練期間は最大で3年間となるため、最大で120万円が上限)
・4千円を超えない場合は支給されない
 
(2)
専門実践教育訓練の受講を修了した後、あらかじめ定められた資格等を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に被保険者として雇用された方又はすでに雇用されている方に対して、教育訓練経費の20%に相当する額を追加して支給します。

・すでに給付された(1)の訓練経費の50%と追加給付20%を合わせた70%に相当する額が支給されることとなる
・ただし、その額が168万円を超える場合の支給額は168万円(訓練期間が3年の場合、2年の場合は112万円、1年の場合は56万円が上限)
・4千円を超えない場合は支給されない
・10年の間に複数回専門実践教育訓練を受講する場合は、最初に専門実践教育訓練を受講開始した日を起点として、10年を経過するまでの間に受講開始した専門実践教育訓練の教育訓練給付金の合計額は、168万円が限度となる

 

社会には、さまざまなサポートがあります。「お金がないから」とあきらめてしまわず、厚生労働省が提案しているサポートなどを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

※参考資料:

『厚生労働省 働くための教育支援制度』

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html

 
ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする