設立70年記念!『赤い羽根福祉保険』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

設立70年記念!『赤い羽根福祉基金』

Photo by JaggyBoss

 
 
 

『中央共同募金会』は、共同募金運動70年を迎えるにあたり、寄付意識を束ね、広域的に、また継続的に支援をつないでいくために、中央共同募金会『赤い羽根福祉基金』を創設しました。

  • 『赤い羽根福祉基金』

https://www.akaihane.or.jp/kikin/

 

中央共同募金会『赤い羽根福祉基金』は、公的制度やサービスでは対応できない分野において社会課題の解決のための新たな活動や仕組みを構築し、誰もが支え・支えられる地域づくりをめざします。

 

以下の部門において、さまざまな活動に取り組んでいます。

  • 子ども家庭支援部門
  • 高齢者支援部門
  • 障碍児・障碍者支援部門
  • 災害関連部門
  • 地域福祉部門

 

さまざまな生活課題を抱え、支援を必要としている人々が増加しています。例えば、社会的孤立や生活困窮の状態にある人々への支援、認知症高齢者や障碍をお持ちの方やお子さまへの生活支援、児童虐待防止などの課題は、公的制度やサービスの充実とともに、住民による支え合いをはじめとした、ボランティア・NPO団体などによる事業や、地域のさまざまな団体間によるプラットフォームを形成し、連携した活動が期待されています。

 

民間社会福祉事業者や団体等により先駆的な取り組みが進められていますが、活動の継続や広がりを図るためには資金面での支援が必要です。

 

社会には、生きづらさを抱える人々がたくさんいらっしゃいます。失業した後に再就職できずに引きこもってしまう方、ひとり暮らしをされている高齢者の方の孤立、学校の給食以外にしっかりした食事を家でとることができないお子さまなど、その多くは困っていることを誰かに相談したり頼ったりできず、適切な支援やサービスにつながらない状況にあります。課題が複合化・深刻化することも多く、既存制度や施策ではなかなか対応できません。

このような「制度の狭間」にある生活課題の解決のため、支援の新たなしくみを創造することが求められています。

 

『赤い羽根福祉基金』が寄付のプラットフォームを作り、協力し合える社会づくりに取り組んでいます。『赤い羽根福祉基金』のホームページに詳細な情報が掲載されています。是非多くの方にご覧いただき、助け合う社会への理解が広がっていくことを願っています。

 
 
 

※参考資料:

『赤い羽根福祉基金』

https://www.akaihane.or.jp/kikin/

 
ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする