チェックしてみよう!『対人恐怖症診断』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チェックしてみよう!『対人恐怖症診断』

Photo by AJC ajcann.wordpress.com


 
 
「人前に出ると、どうしても上がってしまって、うまく言えなくなってしまう」

「緊張して、自分が思っていることが伝えられない」

「人と向かい合うことが苦痛に感じる」

といったように、人と接するときに嫌な気分や恐怖を感じることが多い方は、もしかすると、『対人恐怖症』かもしれません。『対人恐怖症』を診断するためのチェックシートで、自分の状況を確認してみましょう。『対人恐怖度チェック』は、対人関係で悩む人の代表的な症状をチェックしたものです。

 

  • 『公益財団法人 メンタルヘルス岡本記念財団 対人恐怖症チェックシート』

(「神経症を治す」中村 敬 著 保健同人社より)

http://www.mental-health.org/check2.html

 

『対人恐怖症』のように、『神経症』(最近では不安障碍とも呼ばれています)は、『こころの障碍』のうちでも最も頻度の高いものです。一般的には、人口の約10%を超えるともいわれています。

 

『神経症』は、しばしば『精神病』と混同される誤解があるようですが、『神経症』は、心理的原因によって生じる心身の機能障碍の総称であり、『精神病』とは異なります。つまり、病気によるものではなく、健康な人が普段から体験するような、心や身体に対する感覚や感情が行き過ぎた状態ともいえます。

 

『対人恐怖度』は、対人関係で、より敏感に悩んでしまう症状をいいます。仕事をしたり、人間関係を構築するときに、問題をもたらしてしまいます。『対人恐怖度チェック』で自分の状況を把握して、克服する方法を専門家とともに探ってみましょう。問題点をクリアにして、おだやかな日々が訪れることを願っています。

 
 
※参考資料:

『公益財団法人 メンタルヘルス岡本記念財団 対人恐怖症診断』

http://www.mental-health.org/check2.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする