自分に自信を持とう!『インポスター症候群』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

自分に自信を持とう!『インポスター症候群』

Photo by Creative Ignition


 
 
『インポスター症候群』をご存知ですか?
 

  • 『インポスター症候群』

何かを達成しても、成功を自分の力によるものだとは考えられず、ただ運がよかっただけだと思い込んでしまう、自己評価が異常に低い心理状態のことです。

※インポスターとは詐欺師の意で、『詐欺師症候群』とも呼ばれています。

 

  • 『日本の人事部 インポスター症候群』

https://jinjibu.jp/keyword/detl/689/

 

仕事や社会で、経験や実績を重ねてくると、できることがどんどん増えて、仕事にも自分にも自信が湧いてきます。このようにキャリアを高めていく方が一般的ですが、『インポスター症候群』の方は、仕事や社会で経験や実績を重ねてきたにもかかわらず、自分に自信を持つどころか、自分のキャリアは偽りのもので、周囲を欺いているだけだと後ろめたく感じてしまうのです。

 

または、いつか自分が詐欺師であることを知られるのではないか・・・といった不安にさいなまれたりします。『インポスター症候群』は、有名人や高いキャリアを持つ方や、男性よりも女性の方が陥りやすいといわれています。

 

『LEAN-IN (リーン・イン)』の著者である、シェリル・サンドバーグ氏も『インポスター症候群』の悩みをかかえていたといわれています。

 

「私と同じ事を感じている人はたくさんいたのである。教室で指されて答えるたびに変な事を言ってしまったと感じる。試験を受けるたびに、失敗したと思う。何とか切り抜けた時でも、それどころか見事にやってのけた時でも、今度はみんなを騙しているだけだと後ろめたく思う。いつか自分の貧弱な中身が全部ばれる日が来るのだ、と」

 

仕事で成果をあげることで、より自分に自信が持てなくなるなんて不思議に思いますね。仕事をする方を『インポスター症候群』から守るために、本人が正しい自己評価を下せるように、なぜ昇進を期待するのか、その合理的な根拠を明確にし、『インポスター症候群』を職場のみんなで理解するように気を付けましょう。
 
 
※参考資料:

『日本の人事部 インポスター症候群』

https://jinjibu.jp/keyword/detl/689/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする