大人も子どもも『いじめられている君へ』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大人も子どもも『いじめられている君へ』

Photo by ToastyKen


 
 
 

家庭、学校、仕事など、人間関係が生まれる場所では、必ずといっていいほど、『いじめ』に関するニュースが流れてきます。
 

『朝日新聞デジタル』では、いじめによる自殺、事件が続く中、多くの方の『いじめ』に関するメッセージを掲載しています。

 

  • 『朝日新聞デジタル いじめられている君へ』

https://www.asahi.com/topics/word/いじめと君.html#ijimeteirukimi

 
 

『いじめ』を取り巻く立場ごとに、たくさんのアドバイスが紹介されています。

・いじめられている君へ

・いじめている君へ

・いじめを見ている君へ

 
例えば、それぞれの立場にいる方に対する著名人のメッセージは、

  • 広い海へ出てみよう
  • 誰かに甘えてみよう
  • 逃げて逃げて
  • 軽々しい同調をやめよう
  • 胸の内を、話してみて
  • 黙認していれば、共犯
  • おかしいと感じたら

 

など、困っている方に届けようと、こころからの真摯なメッセージがあふれています。

 
まだ誰にも相談する気にならないときは、無理をせずに、まずは『朝日新聞デジタル いじめられている君へ』を読んでみてはいかがでしょうか。

 

まわりの方も、いじめられている方に少しでも早く気付いて、解決する方法をみんなで相談しながら、サポートし合える社会を作っていきましょう。

 

※参考資料:
https://www.asahi.com/topics/word/いじめと君.html#ijimeteirukimi

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする