快適な旅を!『新幹線の多目的室の利用』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

快適な旅を!『新幹線の多目的室の利用』

Photo by kubotake


 
 
遠方に旅行するときに、新幹線を利用する機会も多いかと思います。次の駅まで、約30分ほどはかかる遠距離移動の場合、障碍をお持ちの方の状況によっては、座席に座り続けることが厳しい方もいらっしゃいます。JRでは、『多目的室』を設けた車両を準備して、障碍をお持ちの方やご家族の方々に、快適な旅をご提供しています。
 
 

  • 『新幹線の多目的室』とは?

新幹線には、歩行の不自由なお客様や、気分の悪くなったお客様等がご利用いただける『多目的室』があります。必ずご使用できるよう、事前予約をされることをおすすめいたします。

 

  • 『新幹線の多目的室の利用方法』

http://railway.jr-central.co.jp/pwd/wheelchair/

 

  • 『新幹線の多目的室利用のための連絡先』

※JR東海テレホンセンター

050-3772-3910

http://jr-central.co.jp/info/fee.html

 
 
その他にも、障碍をお持ちの方のためのサービスが用意されています。

・駅におけるご案内および列車乗降のサポート

・車いす対応のエスカレーターの操作のサポート

・ご高齢のお客様、お身体の不自由なお客様、障碍をお持ちのお客様、小さなお子様をお連れのお客様、妊娠中のお客様等、お席を必要とされるお客様にお使いいただけますよう、普通列車各車両の座席の一部に「優先席」をもうけています。

・『障碍者補助犬法』に定められた、盲導犬、介助犬、聴導犬は、列車内に無料でお連れいただけます。

・新幹線、在来線特急列車は、車いす対応座席をご用意している列車があります。

 
電車が新しくなり、駅舎にもバリアフリーが広まる中、障碍をお持ちの方やご家族様が快適に利用できるよう、さまざまなサポートが追加されています。JRのホームページをご覧になられて、是非、ご利用になっていただき、快適な移動ができることを願っています。また、それぞれのサービスを利用するための予約や事前準備も必要になりますので、スムーズなサポートを受けるためにも、事前確認をされることをおすすめいたします。
 
 
※参考資料:

『新幹線の多目的室の利用』

http://railway.jr-central.co.jp/pwd/wheelchair/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする