相談しよう!『振り込め詐欺の救済』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

相談しよう!『振込め詐欺の救済』

Photo by Marion Doss


 
 
 

「子どもが職場で失敗をして、急にお金が必要になった」

「税金が戻ってくるので、お伝えする口座に現金を振り込んで欲しい」

 

振込め詐欺で、お金に関してかかってくる電話や、一人暮らしのご高齢の方のお宅に訪問する詐欺集団の被害が続いています。

 

『金融庁』では、詐欺被害にあわれた方に、救済方法を紹介しています。

 

  • 救済を受けるための留意事項

被害にあわれた方は、法律に定める手続を経て、失権した振込口座の残高を上限として、被害回復分配金の支払を受ける方法により、被害回復を受けることができます。

・被害に気付いたら、直ちに振込先の金融機関等へ連絡を!

・被害回復分配金の支払を受けるためには被害の申請が必要です!

・犯人が預金口座等からお金を引き出してしまうと救済は受けられません!

※振込手続によらない詐欺(例えば、現金を犯人に手渡ししてしまった、ゆうパック等に現金を同封して犯人が指定先した宛て先に郵送してしまった、というケース)は、振り込め詐欺救済法の適用は受けられません!

 

  • 『金融庁 振込詐欺にあわれた方へ』

https://www.fsa.go.jp/policy/kyuusai/furikome/index.html

 
 

また、『全国銀行協会』でも、詐欺被害にあわれた方への救済法を紹介しています。

 

  • 『振込め詐欺救済法』とは?

振り込め詐欺等の犯罪により、金融機関の口座に振り込まれて滞留している犯罪被害金を、被害に遭われた方に支払う手続き等について定めた法律です。(平成20年6月21日施行)

 
『振り込め詐欺救済法(犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配当金の支払等に関する法律)』により、現在、各金融機関では、振り込め詐欺等の被害にあい、資金を振り込んでしまわれた方からの相談を受けています。

被害にあわれた方は、ご遠慮なくお問い合わせください。

 

  • 『全国銀行協会 振り込め詐欺救済法』

https://www.zenginkyo.or.jp/hanzai/rescure/

 

  • 振込め詐欺にあわないために!

(1)振り込め詐欺の特徴は「すぐに振り込まないと大変なことになる」と、相手をせかして考える時間をあたえない、親族を装うなどして、もっともらしく言葉巧みに振込を誘導する
 

(2)「すぐに振り込まない!一人で振り込まない!」ことが重要。
 

(3)相手が話すことについて、息子や市役所など、当事者に事実関係を確認し、身近な人、最寄の交番・警察署、金融機関にすぐに相談してください。
 

(4)万一、振り込んでしまった場合には、まず、警察や金融機関に連絡し、振り込んだ口座の利用停止を求めてください。
 
 
子どものためを思う親心や、ご高齢の方に向けた犯罪がこれ以上発生しないように、社会全体で厳しく監視していきましょう。
 
 
※参考資料:

『金融庁 振込詐欺にあわれた方へ』

https://www.fsa.go.jp/policy/kyuusai/furikome/index.html

 
『全国銀行協会 振り込め詐欺救済法』

https://www.zenginkyo.or.jp/hanzai/rescure/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする