社会が守る!『児童虐待から子どもを守る』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

社会が守る!『児童虐待から子どもを守る』

Photo by familymwr


 
 
 
小さな子どもたちが、親から虐待を受けているニュースが後を絶ちません。
 

抵抗力のない子どもたちを親から守るのは、社会の役目です。子どもの頃に親から受けた虐待がトラウマになり、将来の学業や就業、心身の健康に影響が出ないように、真心を込めたサポートを、社会が生涯続ける必要があると考えます。

 

生まれてきて良かったと心から思える日々を過ごせるように、社会全体でケアしていくために、法務省で定められている法律を社会全体で改めて確認し、つらい思いをしている子どもたちを救わなくてはなりません。
 

  • 『法務省 政府広報オンライン 児童虐待から子どもを守る』

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201203/1.html

 
 
『未成年後見制度』の見直しで、社会福祉法人などの法人が後見人になることも可能です。『親権制度』の見直しとともに、親権が制限された親に代わって、子どもの世話などを行う『未成年後見人』の制度が見直されています。

 

親権喪失や親権停止、管理権喪失の審判により、親の『親権』が制限された場合、『家庭裁判所』では、申立てにより親権者がいなくなった子どもに対して、『未成年後見人』を選任します。
 

現行の制度では、『未成年後見人』として選任できるのは、一人、かつ、個人に限られていました。一人の個人が未成年後見人を一手に引き受けることは負担が大きく、適切な『未成年後見人』の引受け手が見つかりにくいのが実状で、『未成年後見人選任』の選択肢を広げるため、個人だけでなく、『社会福祉法人』などの法人も『未成年後見人』として選任できるようになりました。また、同時に、複数の『未成年後見人』も選任することができるようになりました。
 
 

  • 分担して未成年後見人の責務を果たすことができる

・子どもの日々の世話(身上監護)は親戚

・遺産などの子どもの重要な財産の管理は弁護士などの専門家

 

  • 『児童福祉法』の改正

・里親に預けられている子ども

・一時保護中の子どもに親権者など(未成年後見人を含む)がいない子ども

⇒親権者などが見つかるまでの間、『児童相談所長』が親権を代行できる

 

・離婚の際に子どもの監護について協議する必要な事項

⇒親子の面会交流や養育費の分担を明示

⇒子どもの監護の必要事項を定めるときに「子の利益を最も優先して考慮しなければならない」という理念を明記
 

子どもは、未来です。

社会全体で守り、育て、ひとりひとりのしあわせを共に喜び合う社会でなくてはなりません。
 
 
※参考資料:

『法務省 政府広報オンライン 児童虐待から子どもを守る』

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201203/1.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする