『ゆう活』を、ご存知ですか?

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

夕方を有意義に使う!『ゆう活』

Photo by cdanna2003


 
 
『ゆう活』を、ご存知ですか?

 

  • 『ゆう活』

夕方を楽しむ働き方提案のことをいいます。長時間労働を見直すことで、豊かさを実感できるようにするため、昼が長い夏は、朝早くから働き、夕方からは家族や友人との時間を楽しむ『夏の生活スタイル変革』(通称「ゆう活」)です。

 

  • 『厚生労働省 夏の生活スタイル変革(ゆう活)』

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/summer/index.html

 
 

『働き方改革』の一環として、明るい時間が長い夏の間は、朝早くから働き始め、夕方には家族などと過ごせるよう、夏の生活スタイルを変革する新たな国民運動として、『夏の生活スタイル変革(ゆう活)』を展開しています。
 

例えば、『ゆう活』のひとつにあげられるのが、夏の時期の、『朝型勤務』や『フレックスタイム制』です。夏場は、夕方早くに職場を出るという生活スタイルに変えていくものです。
 

もちろん、それぞれの企業や働く人の実情は、仕事内容やライフスタイルによって異なります。それぞれにふさわしい、自主的な取組を可能な範囲で実施することが大切です。
 

  • 『ゆう活』を取り入れる際の注意点

『ゆう活』を職場に取り入れるときは、業務の効率化や意識の変革が不可欠です。せっかく仕事の開始時間を早めたとしても、結果的に家に帰る時間が変わらない場合は、結果として労働時間が延長されてしまいます。これでは、『ゆう活』の意味がありません。
 

仕事を早く終えて、家に早く帰れるようにするために、『ゆう活』の取組にあわせた企業全体の業務の効率化や働き方への意識の変革が必要です。
 

それに、育児や介護などの事情で、家庭環境によっては『ゆう活』を取り入れるのが厳しい方もいらっしゃいます。その場合も、『ゆう活』が困難な方にまで、無理に適用しないなどの配慮も必要です。
 

『ゆう活』を取り入れるための話合いこそが、職場改善の第一歩と考えて、社会全体で取り組んでいく環境づくりがひろがることを願っています。
 
 
※参考資料:

『厚生労働省 夏の生活スタイル変革(ゆう活)』

https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/summer/index.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする