サポートしよう!『鉄道利用での声掛け』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

サポートしよう!『鉄道利用での声掛け』

Photo by tsuda


 
 
 
電車を利用している際に、障碍をお持ちの方やご高齢の方ををサポートするための声掛けの仕方を知っておきましょう。
 

『政府広報オンライン 鉄道利用での声掛け』のホームページでは、サポートする際に必要なことを紹介しています。

 

  • 『政府広報オンライン 鉄道利用での声掛け』

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201211/1.html

 

  • 『声かけ』のポイントとは?

(1)まずは、声をかけてみましょう

・何に困っているのかは、声をかけてみないと分かりません。まず、「何かお困りですか」「お手伝いしましょうか」という言葉をかけることから始めましょう。
 

(2)もしも断られても、がっかりしないようにしましょう

・周りの手助けなしで、自分でやりたいと思っている方もいらっしゃいます。断られても、声をかけた人の善意は伝わりますので、がっかりしないようにしましょう。
 

(3)相手が何を手伝ってほしいのかを聞きましょう

・困っていることは、人によってそれぞれ違います。勝手な思い込みや判断をしないで、何を手伝ってほしいかをよく聞きましょう。
 

(4)無理をしないようにしましょう

・無理をして手伝って、相手にけがをさせたり怖い思いをさせたりしては、かえって逆効果になってしまうことも少なくありません。自分だけで手伝うのが難しいときは、周りの人にも声をかけて、一緒に手伝ってもらいましょう。
 
 
障碍をお持ちの方やご高齢の方の他にも、妊婦の方、海外の方、気分が悪くなってしまった方など、鉄道を使っているときに出くわすことも少なくありません。そんなときに、すぐに適切な行動がとれるよう、普段から『政府広報オンライン 鉄道利用での声掛け』を見ておくと安心ですね。
 
 
※参考資料:

『政府広報オンライン 鉄道利用での声掛け』

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201211/1.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする