健康のバロメーター『80歳、自分の歯を20本以上』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

健康のバロメーター『80歳、自分の歯を20本以上』

Photo by 95Berlin


 
 
『8020運動』(ハチ・マル・ニイ・マル)は、80歳になっても20本以上自分の歯を保とうという運動です。平成元年、『厚生労働省』と『日本歯科医師会』が提唱し、広く国民に呼びかけています。
 

『8020』という数字の理由は、親知らず以外の28本 の歯のうち、 少なくとも20本以上自分の歯があれば、 ほとんどの食物を噛みくだくことができ、 おいしく食べられるから、 つまり、 高齢になっても20本以上自分の歯を保ちましょうというのが主旨です。

  • 『8020推進財団 80歳になっても自分の歯を20本以上保とう』

https://www.8020zaidan.or.jp/magazine/index.html

 

『8020運動』は、『成人歯科保健対策検討会』で提唱し、国民運動としてさらに発展させていくために、歯科に関係のある各種団体、企業の協力のもと平成12年、『厚生労働大臣』の許可を得て『8020推進財団』が設立され、さまざまな取り組みを行っています。
 

ご家庭でのセルフケアの大切さや、歯医者さんによるプロフェッショナルケアの必要性、歯と全身の健康や定期的な歯科健診の重要性について、『8020推進財団』のホームページでは、さまざまな提案を行っています。是非ご覧になられて、健康のための歯と口のケアを身に付けてみてはいかがでしょうか。
 

  • 自分の歯と口を守る基礎知識

・歯科検診の重要性

・家庭でできるセルフケアの方法

・歯は全身の健康の原点である理由

  • 歯のケア用品の選び方や使い方とは?

・歯ブラシ

・デンタルフロス

・歯間ブラシ

・歯磨き粉

  • お口のYES、NOテスト

https://www.8020zaidan.or.jp/info/yesno.html

 
虫歯になったり、歯に異常がでたときに、健康な歯のありがたみを、心から感じますよね。歯が健康であれば、固い物でも自分の口で食事をすることができ、健康寿命に繋がります。
 

日常から歯医者さんに相談しやすい環境を、自分からつくりやすくしておくことも大切です。歯を大切にしながら、毎日を過ごしましょう。
 
 
※参考資料:

  • 『8020推進財団 80歳になっても自分の歯を20本以上保とう』

https://www.8020zaidan.or.jp/magazine/index.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする