必ずチェック!『環境省 熱中症予防情報サイト』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

必ずチェック!『環境省 熱中症予防情報サイト』

扇風機

気持ちよさそう〜


 
 
 
夏が来るたびに、「今年の夏は、さらに暑くなっているように感じる」と思ってしまいますね。今年の夏も、もれなくそんな気分です。
 

毎日、TVのニュースでは、35度以上の猛暑情報や熱中症に対する注意喚起が何度も伝えられています。
 

『環境省 熱中症予防情報サイト』では、日本全国の気温や熱中症対策に関するさまざまな情報が紹介されています。

 

  • 『環境省 熱中症予防情報サイト』

http://www.wbgt.env.go.jp/

  • 『暑さ指数(WBGT)』

『暑さ指数』は、『WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)』のことで、『熱中症』を予防することを目的とし、て1954年にアメリカで提案された指標です。
 

  • 『暑さ指数(WBGT)』の単位

(1)気温と同じ摂氏度(℃)で示されます。しかしながら、その値は気温とは異なります。

(2)『暑さ指数(WBGT)』は、人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標です。

(3)人体の熱収支に与える影響の大きい、以下3つを取り入れた数値です。

『湿度』、『日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境』、『気温』
 

  • 『温度基準(WBGT)』:危険(31℃以上)

・すべての生活活動でおこる危険性が対象

・高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい

・外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する
 

  • 『温度基準(WBGT)』:厳重警戒(28~31℃※)

・すべての生活活動でおこる危険性が対象

・外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する
 

  • 『温度基準(WBGT)』:警戒(25~28℃※)

・中等度以上の生活や活動でおこる危険性が対象

・運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。
 

  • 『温度基準(WBGT)』:注意(25℃未満)

・強い生活活動でおこる危険性が対象

・一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある
 

熱中症対策をしないと命の危険につながります。職場や家庭で適切な声掛けをし合い、『環境省 熱中症予防情報サイト』を参考にしながら、猛暑を乗り切りましょう。
 
 
※参考資料:

『環境省 熱中症予防情報サイト』

http://www.wbgt.env.go.jp/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする