仕事の悩み、ココへ相談!『あかるい職場応援団』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

仕事の悩み、ココへ相談!『あかるい職場応援団』

Photo by ShortcutsUSA


 
 
 
「会社や労働組合に、相談窓口がない・・・」

「相談したけれども、取り合ってくれなかった・・・」

「会社に相談すると、不利益がありそうで、なかなか相談できない・・・」
 

仕事をしていると、

  • 発注元
  • 仕事の依頼先
  • 社内の人間関係

との関係がつきまといます。
 

また

  • 契約金額
  • 経費
  • 賃金

など、商売ですから、常に、お金がらみの話になります。
 

一人で生きているのであれば、自分の主張を主張し、正義をつらぬいていくことができますが、家族をかかえ、住宅ローン、教育資金、生活費、転職期間・・・などを考えると、泣き寝入りしてしまう方も少なくありません。
 

そんな、労働者、契約者、下請け企業に対する対応について、政府でも、対策に乗り出しました。

  • 知的財産を巡る「下請けいじめ」(読売新聞 2018年9月24日配信)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00050147-yom-bus_all

 
『商売は、相手も、世の中も、自分も、三方良し』が、健康な状態です。会社と従業員の場合は、『世の中、従業員、会社も、三方良し』となるのでしょう。

 
大切な人生の時間を、ただ我慢して、繰り返される扱いに屈っしていては、そのうちに、心身に影響がでて、ストレスが引き起こす大きな病気に繋がりかねません。

 
仕事が苦しいとき、商談でトラブルが発生したときは、まずは、相談からはじめてみましょう。

  • 『あかるい職場応援団』

https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/inquiry-counter

 
『あかるい職場応援団』のホームページの中には、下記が紹介されています。

  • 総合労働相談コーナー(各都道府県労働局)
  • 個別労働紛争のあっせんを行っていると都道府県労働委員会、都道府県庁
  • 法テラス
  • みんなの人権100番
  • かいけつサポート

 
 
大切なのは、まずは、こうした外部の相談コーナーに電話をして、自分のおかれている状況を第三者に話して、冷静な目を持つことです。ブラックな職場や商取引にいるときは、何か正義で、何が不当なことか判断つかなくなってしまうのが、普通です。
 

また、相談コーナーに1回電話しても、自分が求めている回答がすぐに出るわけではありません。ときには、たらいまわしになる場合も少なくないので、それも見越して、頑張って、電話口の担当者に現状を伝えるようにしましょう。
 

辛い日々、大変な環境は、生きるのに一番大切な身体や健康をむしばみます。
 

すぐに、まずは、電話してみましょう。社会が、あなたの味方です。大変な心中お察しいたします。
 
 
※参考資料:

『あかるい職場応援団』

https://www.no-pawahara.mhlw.go.jp/inquiry-counter

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする