気をつけ合おう!『こころのバリアフリー計画』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

気をつけ合おう!『こころのバリアフリー計画』


     
     
    新しい建物を建設するときや、駅の補修工事、街の道路設計をする際に、必ず考えられるのが、『バリアフリー』です。
     

    日本における『バリアフリー』は、年々、進んできています。しかしながら、車椅子で生活をされている方や、杖などをお使いの方々の視点に立ってみると、行けないところ、入れないところなどがたくさん存在します。
     

    すべての場所を、建物の構造や、使う方々の同線も配慮しながら、『バリアフリー』にすることは、まだまだ時間がかかるかもしれません。
     

    ただし、障碍をお持ちの方、ご高齢の方、妊婦さんやベビーカーをお使いの方、怪我をしてしまった方などが、ご自分や、また、家族と一緒に行きたいところへ行ける環境をつくっていくために、『ココロのバリアフリー計画』への取り組みが行われています。

    • 『車いす、妊婦、ベビーカー、ご高齢の方が出かけやすい社会を目指す

    こころのバリアフリー計画』

    http://www.heartbarrierfree.com/

     

  • 『ココロのバリアフリー 応援店ステッカー』とは?

『ココロのバリアフリー』で、お客様をおもてなしされているお店や場所のシンボルマーク。

 

『ココロのバリアフリー 応援店ステッカー』が貼ってあるお店は、スタッフが『ココロのバリアフリー活動』の考え方に賛同した接客をしています。
 

※「何かお手伝いすることはありませんか?」と、お声をがけをして、さまざまなサポートに取り組んでいる、『ココロの意思表示』のためのステッカーです。
 
 

  • 『ココロのバリアフリー 加盟店』への参加方法

(1)段差や階段があっても、「ココロ」をこめて接客されているお店や場所であれば参加可能。

(2)『ココロのバリアフリー応援店』のサポートツールを購入し、ステッカーをお店の入り口などの目立つところに貼って告知する。

(3)事前チェック項目(入口幅、トイレ幅、段差、近くのユニバーサルトイレ情報など)に必要事項を記入して、お客様からのお問い合わせに答える準備を行うこと。

(4)『ココロのバリアフリー』が提示している『ユーザーズガイド』に基づいてサポートをすること(※『ユーザーズガイド』には、接客方法や車椅子の操作方法を記載)

(5)『ユーザーズガイド』情報を、加盟される店舗や団体のポータルサイトに掲載して、ご利用になられる方々と情報を共有して、快適なサポートを行うこと。
 
 

『こころのバリアフリー計画』のホームページを是非ご覧になって、サポート店舗になってみてはいかがでしょうか。
 

街が、人が、社会が、お互いのバリアを開放することが、住みやすく、心地良い未来の実現に近づくと考えています。
 
 
※参考資料:

『車いす、妊婦、ベビーカー、ご高齢の方が出かけやすい社会を目指す

こころのバリアフリー計画』

http://www.heartbarrierfree.com/
ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする