子供たちの命を守る!『100万人手洗いプロジェクト』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもたちの命を守る!『100万人の手洗いプロジェクト』


 
1952年に創業し、日本ではじめて、薬用手洗い石けん液と石けん液容器を開発・事業化した『サラヤ』が、2010年にスタートしたのが、『100万人の手洗いプロジェクト』です。

 

  • 『100万人の手洗いプロジェクト』とは?

『サラヤ』の対象となる衛生商品の売り上げの1% を寄付し、アフリカ・ウガンダで展開するユニセフ手洗い促進活動を支援しています。

 
戦後間もない日本で、赤痢などの伝染病が多発する中、『サラヤ』の液体石けんは、多くの人の感染予防に貢献しました。それから現代にいたるまで、『サラヤ』は、アルコール手指消毒剤、タッチフリー型ディスペンサーの開発など、時代にあわせて製品の進化を続け、日本の衛生環境の向上を牽引してきました。

 
その一方で、現在、世界の開発途上国では、1日に約16,000人 もの5歳未満の子どもたちが命を失い、その原因の多くは予防可能な病気だといわれています。また、石けんを使って正しく手を洗うことで、下痢性疾患や肺炎を予防し、約100万人もの子どもたちの命が守られるともいわれています。(※1 世界子供白書2016、メーカー出荷額)

 
戦後の日本の衛生状況の改善に取り組んできた『サラヤ』は、2010年に、『100万人の手洗いプロジェクト』をスタートしたのです。

  • 『サラヤ 100万人手洗いプロジェクト』

https://tearai.jp/

 
今では、『サラヤ 100万人手洗いプロジェクト』は、ウガンダ現地での手洗い設備の建設に加え、住民が石けんを使った正しい手洗いを知り、自ら広めていくことを目指して進められています。

 

  • 『サラヤ 100万人手洗いプロジェクト』の活動内容

(1)お子さまたちへの教育

(2)自主的な衛生活動の支援

(3)母親への啓発活動

(4)現地メディアでの手洗いキャンペーンの展開 など

 
同じく日本では、『100万人手洗いプロジェクト』のウェブサイトや商品を通じて、途上国の衛生問題に対する関心を高め、さまざまなプロジェクトも展開しています。

 
衛生商品の供給と、社会貢献活動の両軸に、世界の衛生環境向上に取り組む、『サラヤ 100万人手洗いプロジェクト』の活動に、是非、着目してみてはいかがでしょうか。
 
 
※参考資料:

『サラヤ 100万人手洗いプロジェクト』

https://tearai.jp/

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング
 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする