手に表情を!『東京ホワイトハンドコーラス』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

手に表情を!『東京ホワイトハンドコーラス』

Photo by foilman


 
 
『東京ホワイトハンドコーラス』を、ご存知ですか?

 

  • 『東京ホワイトハンドコーラス』とは?

障碍をお持ちであるとか、無いとかにかかわらず、お子さまを中心に、みんなが自分らしさを大切にしながら、互いに思いやれる社会を目指して、さまざまな活動に取り組んでいる団体です。

 
『東京ホワイトハンドコーラス』では、あらゆるお子さまたちが、主体的かつ相互的に学べるコーラスは、自己表現と包摂的な交流になり、多様性をポジティブにとらえる共生社会の実現につながると考えています。

  • 『東京ホワイトハンドコーラス』

http://www.elsistemajapan.org/whitehands

 
聴覚に障碍をお持ちのお子さまを対象に、2017年に立ち上がったのが『東京ホワイトハンドコーラス』です。翌年の2018年からは、視覚に障碍をお持ちのお子さまよりたちも迎え、障碍という概念を超えて、美しい音楽を一緒につくる素晴らしさを追求しています。

 

  • 『東京ホワイトハンドコーラス』の活動のきっかけとは?

もともと、『ホワイトハンドコーラス』は、南米ベネズエラで20数年前に生まれました。視覚や聴覚に障碍をお持ちの方や、自閉症、発声に困難を抱えるお子さまたちが、ともに協力しあい、さまざまな活動してきました。中でも、参加者全員が白い手袋をして、生き生きと歌の世界を表現したことから、『ホワイトハンドコーラス』と呼ばれるようになりました。

 
聴覚や視覚に障碍をお持ちのお子さまも、みなさん、とても豊かな表現の世界をお持ちです。しかしながら、自分とは異なる障碍をお持ちのお子さまや、障碍の状況や程度が違うお子さま、障碍をお持ちではないお子さまとともに、互いに交流する機会はあまりありません。

 
お子さまの状況は、ひとりひとり違います。そのため、コミュニケーションをとるためには、場づくりに工夫が必要です。例えば、聴覚に障碍をお持ちのお子さまの中でも、聞こえない方、少し聞こえる方、異なる手話をつかわれる方、読話のできる方、先天的・後天的など、いろいろな背景のお子さまがいらっしゃいます。

 
今後、『東京ホワイトハンドコーラス』では、参加者の対象を少しずつ広げて、障碍の有無にかかわらず、希望するお子さまは、どなたでも一緒に学べる仕組みを整えていこうと考えています。『エル・システマジャパン 東京ホワイトハンドコーラス』のホームページでは、さまざまな活動を紹介しています。

 
また、『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』では、東京都が実施する『文化芸術プログラム』とのコラボレーションも視野に入れています。

 
社会へ向けて、お子さまたちの多様性のすばらしさを発信してゆける活動を、是非、みんなで応援しましょう!
 
 
※参考資料:

『エル・システマジャパン 東京ホワイトハンドコーラス』

http://www.elsistemajapan.org/whitehands

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般の編集・執筆、プランニング、商品企画などを行う(株式会社ノーマ・プランニング)

 

スポンサードリンク

よかったら、シェアして下さい。

フォローする