デンマークの福祉事情を直接聞いて見る その1

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先進事例を活かした施設運営を始める第一歩にしてみませんか?

先進事例を活かした施設運営を始める第一歩にしてみませんか?

 Charedo-人生に挑戦する人を応援するマガジン-ではかねてより「デンマーク福祉社会とバンク‐ミケルセンの思想と実践」シリーズを掲載してきました。このシリーズはデンマークの福祉事情やノーマライゼーションという考え方が成立した過程、バンクーミケルセン自身についてお伝えしています。

 シリーズはまだ続きますが、Charedo編集部では「デンマークの事をお伝えするからには、デンマークの方にも直接話を聞いてみよう」と思います。そんなチャンスはめったにありませんが、今回、編集部が参加するフォーラムでは、デンマークで行政に携わっている方に直接話を聞けますので、この機会は逃せません。

 詳細は以下のとおりですので、興味がある方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?開催は明日27日ですが、当日参加もできて、学生は参加無料です。


デンマーク福祉フォーラム

講演内容

1. 『社会福祉国家デンマークが育んだ高齢者の幸福度』

フレデレシア市高齢者福祉部長(在宅介護部長)ゲオ トムセン 氏

  • デンマークの高齢者福祉一般
  • デンマークの高齢者センター、デイセンターの事例
  • 在宅介護支援やホームヘルパーの役割
  • 認知症支援政策

2. 『デンマークの福祉機器の発達と今後の展望』

南デンマーク地方区補助器具センター主任作業療法士 アンネ ハンセン 氏

  • デンマークにおける作業療法士の役割
  • 作業療法士の職場(活動分野)
  • デンマークの補助器具センターについて
  • リハビリテーション アドバイサーについて

3. 『デンマークの福祉事情と地方分権』

デンマーク内閣府承認バンクミケルセン記念財団理事長 千葉 忠夫 氏

日 時

平成22年2月27日(土)13:30~16:30

場所

千葉工業大学津田沼キャンパス435教室(JR津田沼駅南口前)

参 加 費

1,000円(学生無料)

お問い合わせ

デンマーク福祉フォーラム実行委員会 E-mail:[email protected]


千葉工業大学には駐車場が無いそうなので、公共交通機関の利用が必須です。

次回は、直接きいたお話しについてお届けします。

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする