年齢の変化に応じた体調管理

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性は7倍、男性は8倍?!

 “体調管理”とひとことで表現しますが、体調は年齢の変化に応じた管理が必要です。10代、20代なら多少寝不足が続いても影響は少ないものの、年齢を重ねるごとに寝不足が影響してきます。

 中国最古の医学書のひとつ『黄帝内径(こうていだいけい)』には、体の変化について女性は「7」の倍数が、男性は「8」の倍数に表れると記されています。

女性の場合

*7歳・・・乳歯が永久歯に生え変わり、髪の毛がよく伸びてくる。
*14歳・・・女性として発育し、初潮を迎え、子どもを授かることができるようになる。
*21歳・・・体が成熟し、骨格も形成され、親知らずが生えてくる。女性としての体が出来上がる。
*28歳・・・筋骨や毛髪の栄養状態が最高となり、女性として体が最も充実する。
*35歳・・・髪の色つやにかげりが見え始め、毛髪や頬のハリなどが衰えが表れる。
*42歳・・・顔がやつれ、頭髪に白髪が混じり始める。
*49歳・・・肉体的にも衰え始め、閉経を迎え、子どもを授かることができなくなる。
※体の変化には個人差があります。

男性の場合

*8歳・・・乳歯が永久歯に生え変わり、髪の毛がよく伸びてくる。
*16歳・・・男性として発育し、精通を迎える。女性と和合し子どもを授かることができるようになる。
*24歳・・・体が成熟し、骨格も形成され、親知らずが生えてくる。男性としての体が出来上がる。
*32歳・・・筋骨や肌肉の栄養状態が最高となり、男性としての体が最も充実する。
*40歳・・・体力にかげりが見え始める。髪の毛も抜け始め、歯は痩せてつやがなくなる。
*48歳・・・肉体的に衰えが始まり、活動力が低下する。顔はやつれ、シワや白髪が目立つようになる。
※体の変化には個人差があります。

女性は28歳、男性は32歳がピーク

 このように『黄帝内径』によれば、女性は28歳、男性は32歳でピークを迎え、徐々に体力は落ちていき、女性は35歳、男性は40歳で体力的なかげりが見え始めます。

 40歳は人生の折り返し地点だと言われていますが、こうした体の変化も40歳がターニングポイントとなるのかもしれませんね。

 よく“中年太り”と表現するのも、ポッコリとお腹の出た40代の方のことですよね。20代、30代に比べて、代謝機能も衰え、活動力も低下しているのに、若い頃と同じように食べていたのでは、太ってしまうのも当然のこと。

 だからと言って、今まで運動など無縁だった方が、“脱メタボ!”とばかりに急に運動をしても、逆に体調を崩してしまう可能性も高いのです。

 やはり大切なのは食生活と運動、そして質の良い睡眠をとること。体の変化が表れる節目年齢を頭に入れておき、30代になったら少しずつ生活のサイクルを整えていきましょう。

【引用サイト】
・養命酒「元気通信2011年5月特集」
http://www.yomeishu.co.jp/x7x8/detail01.html

川端真弓。フリーライター/薬膳アドバイザー。埼玉県所沢市在住。1986年に「無理なく無駄なく簡単エコロジー」を合言葉に、子育て中の主婦でも身近にできる環境問題を考えるサークルを発足。以来、無農薬栽培など風土に根差した生き方を模索中。現在は、写真と詞をコラボした新しい感覚のアート「PHOTOEMほちょう調」を広める活動にも携わっている。WEBサイトはこちら

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする