キャンドルブッシュについて

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飯野耀子のベター クォリティ オブ ライフ 第87回

 今回は、キャンドルブッシュについて。

 みなさん、こんにちは。

 いかがお過ごしですか?もうすぐあの未曾有の体験から1年が経ちますね。まだまだ完全復興とはいえないですが、それでも日本の復興力ってすごいなと思うこともたくさんあった1年でしたね。

 でもまだまだいろんなことをみんなで頑張らなければならない部分もあるので今年の春は冬の間に溜め込んだものの解毒をしっかりとして、身も心も軽く新たな一歩を踏み出しましょう。

ハーブティーにphoto by arunkumud

ハーブティーに

 そこで今回ご紹介したいのがキャンドルブッシュというハーブ。非常にデトックス効果、それから便通効果があることで知られるハーブでデトックスティーやダイエットティー、更にはダイエットサプリなどに最近とみに入れられるようになったハーブです。

 主に熱帯地域で育つマメ科の植物でストックのように鈴なりに黄色いクルクルっとしたかわいい花をつけます。解毒、便通改善のほか、抗菌性も高いといわれており、産地では昔から便秘解消にはもちろん、湿疹の際などにも用いられる習慣があるのだそうです。

 因みにお通じに関する体感ですが相当にひどい便秘の人でも私の周りでは翌々日くらいには結果が出ていて、その後の便通もよいという報告を何人も受けています。普段、お通じがいい人もデトックスという意味で週に一回くらい飲むといいと思いますよ。よく便秘解消によいお茶というとお腹がとても痛くなるものがままありますが、キャンドルブッシュはそんなに痛くならないのも魅力です。

 因みに私も時々、キャンドルブッシュのお茶を飲むのですが「ちょっと薄いかな?」くらいの濃度で飲むようにしています。(あまり濃く入れすぎて飲むのはよくないそうなんです。個人的な経験ですが、「ちょっと薄いかな?」くらいでも十分、効果は得られると思います)

 以前はあまり商品がなかったキャンドルブッシュですが最近、いろんな商品が出ているので便秘に悩んでる方はもちろん、冬場に溜まったものを出したい!という方は一度、キャンドルブッシュを試してみるのはいかがでしょう?

※体感、効果には個人差があります。また湿疹の際に使用するのは原産地での使われ方の一例で、本記事はそれを推奨するものではありません。もし湿疹の際に飲まれたい方はお医者様にご相談の上、判断されるようにしてください。

飯野耀子 NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員、元AllAbout食育ガイド
myfood.jp元編集長。健康管理士、薬膳料理指導員、
食育指導士など多数の資格を保有。FANCL発芽玄米粥の監修も務める。
著書に『キャロットパワーdeビューティ&ダイエット』(講談社)
『夜トマトダイエット』(ぶんか社他、台湾版、中国版、韓国版)
『合格への食卓』(扶桑社)がある。飯野耀子公式サイトはこちら

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする