大切な相棒!『アイメイト(盲導犬)』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 視覚障害を持たれる方の視力となって、日々を快適に過ごすための家族である、もう同形。

 盲導犬のことを『アイメイト』と呼んでいます。

 『アイメイト ウエイ』では、盲導犬とのお付き合いの仕方や、街を歩く際の注意点など、生活の中で起こる、さまざまなことを紹介しています。

◆『アイメイト ウエイ』
http://www.eyemate.org/

 暮らしの中で注意するポイントを伝えることで、視覚障害を持たれる方の自立した生活を支援している『アイメイト ウエイ』では、多くのアイメイト(盲導犬)を送り出してきました。

 アイメイト協会を図立ち、晴れてペアになられた、視覚障害をお持ちになられる方と盲導犬は、現在、1158組。

 それぞれの個性や性格を考慮しながら、よりよい相棒となり、家族となって、心地よい暮らしが送れるように、さまざまなアドバイスをされてきました。

 また、『ユア ウエイ』として、視覚障害を持たれる方や盲導犬を見かけた際に、まわりの人々がどのようなことに気を付けたらよいかなど、社会環境の向上に向けても、多くの取り組みをしています。

 例えば、街や駅で、視覚障害を持たれる方やアイメイト(盲導犬)を見かけた場合、何かお手伝いをしたいと思っても、どんな風に声をかければいいか、経験がなく、何もできなかったということはありませんか?

 そんなときは、

「お手伝いをしましょうか?」
「どちらへ行かれますか?」

 と、まず、口に出してみましょう。

 必要な場合はお願いがあり、そうでない場合は「大丈夫です。お手伝いはいりません」と、丁寧にご返答いただけるはずです。

 もしも手伝いがいらないといわれても、「お気をつけて」の一言をかける。
 それだけで、あたたかいコミュニケーションがお互いに生まれます。

 飲食店の場合、駅のプラットフォームでのことなど、誘導に関してのさまざまなアドバイスが説明されています。

 こうしたことって、なかなか教わることがないですよね。
 ルールを知って、スムーズにお役にたてるよう、普段から読んだり聞いたりして、生きる基本として身につけたいですね。

※参考資料:
『アイメイト ウエイ』
http://www.eyemate.org/

『ユア ウエイ』
http://www.eyemate.org/your/your2.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする