家族をつなぐ『交通事故被害者家族ネットワーク』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎日の生活にかかせない、車。
 都心での交通渋滞は日常茶飯事ですし、特に、郊外や地方などでは、公共交通機関などのインフラ整備の関係上、一人に1台というくらい、欠かせない交通手段になっています。

 たくさんの荷物を積むことができ、天気に関係なく、自由に短時間で移動することができる。

 非常に便利な車は、ときとして、人生を一変させてしまう、大変な事故を引き起こすことがあります。

 交通事故によって家族を失い、相手に危害を加え、また、自らも負傷してしまう。凄惨な事例は、後を絶ちません。

 重い障害となり、懸命に克服すべき努力を続けていらっしゃる方が大勢います。中には、家族の一員が障害を患い、支えている方々も多くいらっしゃいます。

 そうした家族を支えようと活動されているのが、『交通事故被害者家族ネットワーク』です。

◆交通事故被害者家族ネットワーク
http://www.jiko-kazoku.com/

 ここでは、障害に関してのリハビリはもちろん、国や市町村が発する条例紹介やさまざまな支援制度も紹介しています。

『経験者だからこそできる”相互支援”が被害者をサポートします。交通事故はある日突然、何の前触れもなく平穏な日常を破壊します。大切な家族を失った喪失感、また重い障害を負い、リハビリや介護という未知の苦しみを負いながら生きていかなければならなくなった方々の不安は、はかり知れないものがあります。そのような方々に明日への希望を持っていただくためには、悔いのない、よりよい「解決」がなによりも大切なことだと考えております。そのために、同じ被害者としての経験を活かし、お互いが孤独にならないよう相互支援体制で全力でサポートしています』
(交通事故被害者家族ネットワーク 条例原文より)

 人生は、突然の困難が降りかかることがあります。
 普段から準備をしておくことはもちろんですが、それ以外の想像もできない事態にあったとき、誰に相談して、どんな対処方法があるのか。
それでも明日を生きるために、何が必要なのか。

 世界は、一人で生きているわけではありません。相談しようと思ったら、常に誰かがそばにいる。

 『交通事故被害者家族ネットワーク』は、多くの方を支えています。
 みんなが前向きに生きるために・・・。

※参考資料:
『交通事故被害者家族ネットワーク』
【東京事務所】
〒103-0013
東京都中央区人形町1-13-9
藤和日本橋人形町コープ1004号室
電話:03-6661-1575

【大阪事務所】
〒561-0831
大阪府豊中市庄内東町3-8-2の2
電話:080-3154-2748

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする