障害者のための『高速料金割引』制度

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 より多くの都道府県に、より多くの方が訪れることで、人とモノが交流し、各地の商売の活性化を促し、経済が潤う・・・。

 こうした目的のために、高速料金の設定は、さまざまな歴史を経てきました。

 2011年からは、震災の影響もあり、今までの『経済環境の向上』という目的よりも、震災による道路交通網の促進と物資輸送の最適化を目指して、今も、多くの試行錯誤が行われています。

 交通網の基盤を整えることは、社会の成り立ちの中で、大きな意味を持っていることはいうまでもありません。

 障害を持たれる方の車での移動においても、道路は、重要な役目を担っています。

 遠方へ迅速に、安全に移動するためには、高速道路はとても重要です。

 そこで、全国の有料道路事業者は、有料道路において、『障害者割引制度』を設けています。

 通勤や通学、通院などへの日常生活において、有料道路を利用される、障害を持たれる方の通行料金を割引いています。

 曜日や時間帯にかかわらず、常時、割り引くことで、障害を持たれる方の社会的自立と、社会経済活動への参加を支援を目指しています。

 例えば、首都高速でも、『障害者割引』を行っています。

◆首都高速道路株式会社『障害者割引について』
http://www.shutoko.jp/service/discount/support.html

・対象となる方の範囲
・対象となる自動車の範囲
・割引料金額
・割引有効期限
・割引のための登録申請(ETC割引等の事前登録など)

 割引料金を利用して、車を利用して、自由にさまざまな場所に移動できるのは、とても便利ですね。

 そのためには、多くの事前登録が必要です。
 各都道府県に存在する高速道路関連へ確認をとり、有意義に利用されることをおすすめします。

※参考資料:
首都高速道路株式会社『障害者割引』
http://www.shutoko.jp/service/discount/support.html

ライター:野間能子 医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする