ますます便利になるように!『バリアフリー法』

よかったら、シェアして下さい。

ますます便利になるように!『バリアフリー法』

 ユニバーサル社会の実現を目指して、障害をお持ちの方、高齢者の方の移動時の円滑化の促進に関する法律のことを、『バリアフリー法』といいます。

 高齢者や障害をお持ちの方など、あらゆる人たちが社会活動に参加し、自己実現できるために、近年、建築物や交通機関などにおいて着実にバリアフリー化が進められてきました。

 しかし、施設ごとにバラバラにバリアフリー化が進められ、連続的なバリアフリー化が図られていない、ソフト面での対策が不十分などの課題がありました。

 そこで、高齢者、障害をお持ちの方等の移動等の円滑化の促進に関する法律が制定されることにより、従来対象となっていた建築物、公共交通機関、道路に加えて、路外駐車場、都市公園にも、バリアフリー化基準(移動等円滑化基準)への適合が求められるなど、バリアフリー化が促進されています。

 また、駅を中心とした地区や、高齢者、障害をお持ちの方などが利用する施設が集中する地区において、面的なバリアフリー化が進められています。

 一般的・総合的なバリアフリー施策を維持するために、ハートビル法と交通バリアフリー法を統合・拡充した『高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律』が策定されています。(平成18年6月21日公布、12月20日施行)

 この法律では、高齢者、障害をお持ちの方(身体障害者・知的障害者・精神障害者・発達障害者を含む、全ての障害者)、妊婦、けが人などの、移動や施設利用の利便性や安全性の向上を促進するために、公共交通機関、建築物、公共施設のバリアフリー化を推進するとともに、駅を中心とした地区や、高齢者、障害をお持ちの方などが利用する施設が集まった地区において、重点的かつ一体的なバリアフリー化を推進しています。

 また、バリアフリー化のためのソフト施策も充実することを明記しています。

 バリアフリー化のために施設設置管理者等が講ずべき措置として、公共交通機関(駅・バスターミナルなどの旅客施設、鉄道車両・バスなどの車両)、並びに特定の建築物、道路、路外駐車場及び都市公園を新しく建設、導入する場合、それぞれの事業者・建築主などの施設設置管理者に対して、施設ごとに定めた「バリアフリー化基準(移動等円滑化基準)」への適合を義務づけています。

Photo by infomatique

 また、既存のこれらの施設等について、さたに基準適合するように努力義務が課されています。

 市町村においては、市町村による基本構想が作成され、市町村は、国が定める基本方針に基づき、旅客施設を中心とした地区や、高齢者、障害をお持ちの方などが利用する施設が集まった地区(「重点整備地区」)において、公共交通機関、建築物、道路、路外駐車場、都市公園、信号機などのバリアフリー化を、重点的かつ一体的に推進するため、当該地区におけるバリアフリー化のための方針、事業等を内容とする「基本構想」を作成することができます。

 住民のバリアフリー計画段階からの参加の促進を図るための措置として、基本構想を作成する際に、高齢者、障害をお持ちの方などの当事者参加を図るために、協議会制度を法律に位置づけ、また、高齢者、障害者などから、市町村に対して、基本構想の作成・見直しを提案できる制度を創設しています。

 特に、具体的なバリアフリー施策などの内容について、高齢者、障害をお持ちの方など、当事者の参加の下で検証し、その結果に基づいて新たな施策や措置を講じることによって、段階的・継続的な発展を図っていく「スパイラルアップ」を国(地方自治体)の責務としました。

 同時に、バリアフリー化の促進に関する、国民の理解・協力を求める「心のバリアフリー」を国(地方自治体)や国民の責務としました。

 基本構想で定められた重点整備地区において、駅~道路~建築物などの連続的なバリアフリー環境を、安定的に維持するために、その土地所有者などが、全員の合意により、経路の整備や管理に関する事項を移動等円滑化経路協定として締結することができるよう、さまざまな協定は市町村長の認可を受けなければなりません。

 『バリアフリー法』を中心として、継続的に、社会全体が適正に協定内容を確認し、国全体でバリアフリーの拡充を促進するために動いています。

 みんなが心から住みやすい社会は、こうしていろいろな意見を元に、さまざまな視点からの検証を重ねながら作られていくのですね。

※参考資料:
内閣府
http://www.cao.go.jp/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

フォローする