社会不適応障害克服をサポート!『社会適応支援協会』

よかったら、シェアして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会不適応障害克服をサポート!『社会適応支援協会』

 『一般社団法人社会適応支援協会』とは、心因性の精神疾患や心に問題、ストレスなどで社会に適応し難くなっている、 すべての年齢層、性別の方々が社会に再度適応できるように支援を行っている総合機関です。

 『一般社団法人社会適応支援協会』のグループ内には、日本最大の不登校専門機関「一般社団法人不登校支援センター」及び、附属の復学支援スクール、非行・不良の子供達の更生や犯罪行為の再犯を防ぐための支援を行う専門機関「一般社団法人更生支援センター」があります。

 また、膨大な臨床データをもとに人間に関わる様々な研究を行う 「人間行動科学研究所」、附属の総合メンタルクリニック、就労訓練を行う会社を持ち、総合的な支援を行っています。

 すべての年齢層を対象として、その社会不適応状態、心と行動及び行為に関する諸問題(社会不適応状態)について、社会に適応し 社会性のある生活を送れるよう、カウンセリング・コーチング、就労支援、学び直し等を通じて支援しています。

 社会不適応状態等の予防、並びに長期化を回避するための早期発見・早期対処を図る活動を行い、社会と個人に貢献することを理念として、さまざまな活動に取り組んでいます。

 『一般社団法人社会適応支援協会』には、「心身のバランスを崩してしまったが、そのバランスを安定させ、自分らしさを取り戻し、スムーズな社会生活を送れるようになりたい」「生きていく事がとても辛く感じてしまう」「しなければならないとは解っているけれども、無気力で何も手につかない」「感情や行動がコントロールしきれず、何かとトラブルを引き起こしてしまう」「常に不安や恐怖を感じ、とても辛い」等、心の問題を抱え、社会への適応が難くなってしまった方が、カウンセラーによるサポートを受けることができます。

Photo by FancyDiamonds.net

 『適応障害』は、ある社会環境においてうまく適応することができず、様々な心身の症状を呈するストレス障害です。

 通常、心理・社会的ストレス(環境要因)に対して、個人的素質(個人要因)を活用し、それらへの対処や処理を行いますが、ストレスが過剰な時、個人がストレスに対して脆弱である時に、対処や処理が出来なくなり様々な障害をきたすようになります。

 具体的な症状としては、社会行動(日常生活において当たり前に行う事)の低下・喪失や情緒障害(抑うつ症状、退行、不安傾向)、行動障害(過度の攻撃性、虚言、趣味嗜好の極端な変化)があります。

 「人前で失敗してしまわないか」「あの人にどう思われているのだろうか」「悪い評価をされているのではないか」と他者からの視線や評価に過敏になることで、過剰な心配を持ち、それを原因として、対人関係や衆人環境に対し、非常に強い恐怖心と不安を持つことで、不適応をおこす疾患が『社会不安障害』です。

 症状は外科的対処により改善することは出来ますが、根本的な解決を目指すためには、個人的素養に働きかける必要があり、引きこもりの要因にもなっています。

 人前に出るような場面や大勢の人に遭遇した場合の、発汗、紅潮、震え、どもり、動悸、下痢、腹痛が挙げられます。

 その他、『心因的うつ』をはじめ、『パニック障害』や『強迫性障害』、一部の『人格障害』等も心因性の疾患ですし、燃え尽き症候群や強い依存、強い回避行動・不適切行動は心に問題があるからこそ起こりうる現象です。

 『社会適応支援協会』では、専門分野に関して豊富な知識を有したプロフェッショナルが、親身になってコーチングをはじめとするさまざまなアプローチを通じて、多くの方の心的障害の克服に取り組んでいます。

 個人でも、企業でも、団体でも、相談することができます。

 ストレス社会といわれる現代において、心の障害をしっかりと受け止め、丁寧なケアをしていくことはとても重要です。

※参考資料:
『社会適応支援協会』
https://www.tekiou119.org/

ライター:野間能子 ノーマ・プランニング。医療・スポーツ・美容・飲食など、ライフスタイル全般のプランニング、編集・執筆、商品企画などを行う。

あわせてどうぞ:

よかったら、シェアして下さい。

  • はてなブックマークする
  • あとで読む

フォローする